2019年1月冬ドラマ

いだてんオープニング(タイトルバック)の絵は山口晃!嫁や子供は?

スポンサードリンク

ついに始まりました!

中村勘九郎さんと阿部サダヲさん主演の大河ドラマ「いだてん」

964年行われた東京オリンピックが実現するまでのストーリーを金栗四三さんと田畑政治さんの2人を主役に描いてあります。

田畑政治の経歴プロフィール!浜松一中出身で東京オリンピックを誘致した男!

金栗四三(大河ドラマ)経歴プロフィール!勘九郎似ているマラソンの父!

隈取りをして中村勘九郎さんが走るとは歌舞伎役者ならではの演出でしたね♪
インパクト大!!

で、1回目の放送が終わり、オープニング映像の絵が話題になっています!

かなり緻密で素晴らしい絵ですね!!

SNSも盛り上がっていました!!

タイトルバック画を担当したのは、山口晃さんです。

https://twitter.com/nhk_td_idaten/status/1081822729828003840

なんともイケメンな方。
俳優さんのようにも見えますね!!

 

どんな方なのか早速調べてみました。

 

山口 晃(やまぐち あきら)

画家・現代美術家

1969年8月2日東京都生まれ。

群馬県桐生市で育つ。群馬県立桐生高等学校卒業。
私立美術大学を一年で中退後、1994年東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。

1996年東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻(油画)修士課程修了。

2001年に岡本太郎記念現代芸術大賞優秀賞を受賞。

2013年に『ヘンな日本美術史』で第12回小林秀雄賞を受賞。

主要取り扱い画廊は、ミヅマアートギャラリー。

大和絵や浮世絵のようなタッチで、非常に緻密に人物や建築物などを描き込む画風で知られています。

また武士を馬型のバイクに乗せたり、現代の超高層ビルに瓦屋根を載せて描くなど、過去・現在・未来が融合しているような作品が自由で面白く話題を呼んでいます。

また、成田空港の出発ロビーにはパブリックアートとして山口晃さんの作品が設置されているそうです。
今度行った時に見てみようっと!!
さらに2012年には平等院にある養林庵書院に襖絵が奉納されたとのこと!
これはすごいですね!!

小さい時から絵を描くのが好きだった山口晃さんですが、お父さまも絵が好きだったようで、お父さまも通っていた地元の画塾に通っていたとのこと。

でも「いつごろから絵描きになりたいと思われたのですか?」という質問に「それは現在に至ってもないかもしれないんですけれども」と答えていらっしゃるので、絵描きや画家という分野に囚われていない方なのかもしれません。

なので、こんなに自由でユーモアのある個性的な絵が描けるんでしょうね。
山口さんの作品は見ていて本当に楽しい!

またプライベートも気になるところですが、どうやら奥様もお子さんもいらっしゃるようです。

奥様は同じ東京芸術大学出身の方で、現在は上野桜木町の現代美術ギャラリーでお仕事をされているそう。

奥様は山口晃著「すずしろ日記」に登場しています。

created by Rinker
¥2,750
(2019/10/21 08:24:52時点 Amazon調べ-詳細)

今回のいだてんでもまた脚光を浴びることになった山口晃さんですが、近々展覧会開催されるようです。

場所は、横浜能楽堂。

「昼ぬ修羅」

<会期> 2019年1月19日(土)ー3月23日(土)
<開館時間> 9:00 – 20:00
<休館日> 1月21日(月)・28日(月)、2月4日(月)・5日(火)・6日(水)・26日(火)、 3月4日(月)・5日(火)・6日(水)
<入場料> 無料
<会場> 横浜能楽堂二階展示廊ほか

福岡でも開催してくれないかなー!!

スポンサードリンク