西銘駿の兄弟や彼女は?出身中学高校も!奪い愛、冬で加藤清役!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

こんばんは!ドラマ大好きcoちゃんママです♪

今日は西銘駿さんについて☆
nishime_shun04
西銘駿さんといえば、「第27回JUNONスーパーボーイコンテスト」でグランプリを獲得し、
昨年、「仮面ライダーゴースト」で主人公を演じられていた俳優さんだといえばわかる人も多いでしょう。
「仮面ライダーゴースト」で主人公・天空寺タケル役をされていた時は金髪でしたが、今年1月スタートのドラマ「奪い愛、冬」では、髪を黒く戻して、大谷 亮平さん演じる森山信の後輩のサラリーマン役に挑戦されます。
名前:西銘駿 (にしめ しゅん)
a666803fc8a22b6d2a15a26ebf205a5f-457x640

生年月:1998年2月20日(18歳)
出身:沖縄県うるま市
身長:173cm
血液型:O型
所属:オスカープロモーション

沖縄で生まれた西銘駿さんですが、親の仕事の都合で3歳から5歳まで長野県で過ごし、再び沖縄県うるま市に引っ越されました。
出身中学はうるま中学で、中学校時代は、ソフトボール部に所属し、全国大会に出場するほどの腕前でした。

中学2年の時に、沖縄に遊びに来た叔母さんから言われた
「芸能界に興味ないの?」
の一言をきっかけに芸能界を夢見るようになったそうです。

その後、中学卒業を期に上京し、叔母の家に住みながら芸能人を目指します。
ですから、高校は東京の高校ですね!
はっきりとした情報はありませんでしたが、芸能界を目指していたので、堀越高校や日出高校の芸能科というのが有力のようです。
西銘駿高校2

そして!!
初めてのオーディションである「JUNONスーパーボーイコンテスト」で参加者1万3520名の中からグランプリを獲得し、その数か月後に、「仮面ライダーゴースト」の主役・天空寺タケルのオーディションにも合格します!

順風満帆すぎます。
2044957_201411240716937001416799030c
まぁ、もちろんその分、陰で努力されているのでしょうけどね。

ちなみに、「JUNONスーパーボーイコンテスト」というのは『主婦と生活社』が発行している『月刊雑誌JUNON』が主催する、1988年から続く美男子コンテストです。

「グランプリ」・「準グランプリ」・「フォトジェニック(読者投票1位)」・「審査員特別賞」とあり、その受賞者のほとんどは芸能プロダクションと契約し、俳優デビューしています。
このコンテストのファイナリスト以上の俳優は「ジュノンボーイ」と呼ばれることがあるようですね。

西銘駿さんには西銘塁人というお兄さんがいて、お兄さんも昔「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に参加されたこともあるぐらいのイケメンです!!
CBgVWD3UwAAFAZ2
https://twitter.com/cd08347d65cc449

お兄さんも芸能界を目指しているのかな??
CxX7H7tVEAAjwJb
もしかしたら、将来は兄弟で共演ということもあるのでしょうか?
西銘駿さんには弟もいるの?ともネットに上がっていましたが、弟の情報はありませんでした。

あと気になる彼女の情報も今のところナシ!!

また西銘駿さんといえば、ダイアモンドブラックファン貧血という難病に苦しむ子供(矢野秀虎君)との交流でも昨年話題になりましたね。

このダイアモンドブラックファン貧血というのは、骨髄の異常で体中に酸素を送る赤血球を作れなくなる病気です。
3週間に1度、入院して輸血を受けないと貧血が進み、命の危険があり、完治するには骨髄移植しか道がありません。

3歳の秀虎君も入退院を50回以上繰り返し、人生の3分の1を病院で過ごしてきました。
2016年1月、ドナーが見つかり、移植に向けて無菌室での治療が開始するも、強力な薬の副作用で髪の毛が抜けたり、高熱が出たりと、ベッドにぐったりする日も多くなりました。

そんな、秀虎君の支えが「仮面ライダーゴースト」でした。
172176
苦手な薬や痛い注射の前に、必ず「ちょっと待ってね」と言って、おもちゃのベルトを装着し、母の菜津美さんが手作りしたゴースト柄の上着をまとって、「ゴ、ゴ、ゴ、ゴースト!」と、ゴーストに変身して、立ち向かうようになりました。

そして無事、骨髄移植が終わり無菌室を出ることが決まった日、母・菜津美さんがツイッターで
「ベッドの上に横になるだけの日々の息子に、ゴーストは本当に力を与えてくれました。ありがとう! 仮面ライダーゴースト!ありがとう!西銘駿さん!タケル!」
とつぶやきます。
身内からこのツイートを見せてもらった西銘駿さんは、励ましのメッセージをリツイートします。
この二人のやりとりはネット上でも話題になり、西銘さんはテレビ局の協力を得てビデオメッセージを秀虎君へ送りました。
「ひでとらくん! こんにちは。げんき、もらいました」
憧れのヒーローにそう呼びかけられ、秀虎君は少し照れながら母に抱きつき、小さな声で「ゴースト」と返事をし、笑顔を見せて手を振りました。
まさにリアルヒーロですね。

ちなみに野球選手になったらやってみたいことは、ベーブルースのように手術を怖がる病気の子に、ホームランを打ったら手術するように約束して、ホームランを打ってみたいです(笑

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

アーカイブ