富樫勇樹(元NBA)が人生初ダンク!結婚した嫁は?髪型や身長も!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

現在、プロバスケットチーム・千葉ジェッツに所属する富樫勇樹選手。
IMG_0450

彼は田臥勇太選手に次ぐ、日本人2人目のNBAでプレーした選手なんですが、1月15日に行われたBリーグ初のオールスターで人生初のダンクシュートを決めました!!

3分50秒くらいでダンクのシーンがあります♪

 

早速どんな選手かチェックです!!

名前:富樫勇樹(とがし ゆうき)
IMG_0455
生年月日:1993年7月30日
身長:167cm
体重:70kg
血液型:AB
ポジション:PG
出身:新潟県新発田市
経歴:新発田市立本丸中→モントロス・クリスチャン高校→秋田ノーザンハピネッツ→テキサス・レジェンズ→千葉ジェッツ

小学1年生でミニバスケットボールを始めた富樫選手。
中学では監督としてチームを率いる父親のもとで、3年時に全国大会で優勝したほか、2年生と3年生と日本代表にも選抜されました。

高校はバスケットの本場であるアメリカに留学。
1年生からロスター入りし、主にシックスマンとして起用されて、2010年の同校全米ランキング2位ランクインに貢献しました。

2011年には日本代表として、ウィリアム・ジョーンズ・カップに出場。
翌年2012年6月には、NBAなどが主催するイベントBasketball Without Bordersに参加し、アジア地域における同年代のトップ選手が集まった中、MVPを獲得しました。

まさにバスケットエリートのど真ん中を歩いているような人生ですね。

高校卒業後、日本に戻ると、2012-13、2013-14シーズンは秋田ノーザンハピネッツの中心選手として活躍します。
IMG_0456
特に2013-14シーズンは、監督に『富樫のチーム』と言わせるほどの活躍で、アシスト数1位のタイトルを獲得。ベストファイブにも選出されました。

そして2013-14シーズン後にNBAへ挑戦し、2014-15シーズンはテキサス・レジェンズと契約。
IMG_0453
田臥勇太選手に次ぐ、日本人2人目のNBA選手となりました。
残念ながらシーズン中に怪我をしてしまい、思ったような結果は残せませんでしたが、NBAでプレーをしただけでも、とてもすごいことです。
何しろNBAは世界のトップリーグです。
様々な国にプロのバスケットボールリーグがありますが、NBAには選りすぐりのトップ選手が集結しています。
IMG_0454
富樫選手はその中で契約を勝ち取り、コートに立ったわけです。

2015-16シーズンは日本に戻り、千葉ジェッツに入団。
IMG_0457
今シーズンはBリーグ前半戦の得点数、日本人の中で5位。アシスト数は1位と、中心選手として活躍しています。

ちなみに、公表されているわけではないので確かなことは言えませんが、秋田ノーザンハピネッツ所属中に出会った彼女と、2015年ごろに結婚されたようです。
NBA参戦中は考えづらいので、帰国後ですかね?
奥さんがどんな人なのかという情報は全く出ていませんでした。
お子さんはいるのかなー。
イケメンですので、女性ファンとしては少しがっかりの情報かもしれません……。

またサイドを刈り上げた髪型も話題になっています♪
IMG_0448
ネットでは、絶対に崩れないけど、なんのワックス使ってるの?という声も!
冨樫選手、かなりのオシャレさんなんでしょうね♡

富樫勇樹選手の役割であるポイントガード(PG)というポジションは、ボール運びやパスを中心としたゲームメイクが主な仕事です。
しかし富樫選手は、それらにプラスして自らも得点が取れます。

日本人の平均身長より低い167cmしかない富樫選手が、なぜ、得点を獲れるのか?
また、NBAでプレーできたのか?
それは、富樫選手には世界に通用する武器があるからです。

その名も必殺の「フローターシュート」!!!
「フローターシュート」というのは、スナップを利かせてふわりとボールを浮かせることにより相手のブロックをかわすシュートのことです。
スラムダンクを読んだことがある人ならば、山王戦で桜木が「へなちょこシュート」と言った、沢北がやっていたシュートだと言えば分るかもしれません。
(※正確には、沢北のシュートはスクープショットと言って、フローターシュートの亜種みたいなシュートですが、まぁ、よく混同されるし、ほぼ似たようなシュートです)

「フローターシュート」は、背が低い人が戦うにはとても武器になる技ですが、高度なスキルを要するものすごく難しいプレーです。
それを富樫選手は簡単に決めています。
もはや、芸術と言ってもいいレベルかもしれません!?
あるいは、敵の選手からしたら魔術に近いものかも。
何しろ身長差を考えたら、ブロックできて当然のシュートがブロックできないわけですから。

もちろん言うまでもないことですが、「フローターシュート」は富樫選手の武器の一つに過ぎず、スピードあふれるドリブル、パス、オフェンスに関するプレーのほとんどが日本トップレベルの武器です。

しかも一つ一つのプレーに華があり、観客を沸かせることのできるプレイヤーでもあります。

「魅せるプレー」について富樫選手は、
「そこは選手として少しでも意識してやっていかないといけない」
「特にこの身長でやっていると、同じことをやってもすごく見える部分があると自分で勝手に思っています。どう伝えればいいのか分かりませんが、小さな子供とかに勇気を与えられるんじゃないかと。Bリーグになって注目度も上がっています。魅せる部分もいつも以上に意識してやっていきたいです」
と話します。

まだ、若くて、海外志向の高い富樫勇樹選手。
いつ、再びNBAに挑戦するかわかりません。
日本で富樫選手のプレーが見るなら今のうちかもしれませんよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

アーカイブ