中塚駿太のWiki!身長や出身高校や球速は?父も野球経験が!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんばんは!coちゃんママです♪

いよいよ注目のドラフト会議が明日となりました!!
ドキドキですねー!!

今日は白鴎大学の中塚駿太(なかつか・しゅんた)選手に注目したいと思います。

img_0042

 

1994(平成6)年12月26日生まれ、21歳。茨城県出身。
小4で軟式野球を始め、手代木中では外野手、捕手。
つくば秀英高では投手だったが主戦ではなく、甲子園出場なし。
白鴎大では2年春からベンチ入りし、4年秋から主戦に。
191cm、101キロ。右投げ右打ち。家族は両親と兄、妹。

img_0041

中塚選手ははゆったりしたフォームから投げ込む速球が持ち味なんですが、

191cm102kgと恵まれた体格からアマチュア最速157km/hを記録しており、ドラフト1位もありえる?
将来はメジャーもあるんじゃないか?!と言われているんです。

191cm102kgってかなり体が大きいんですね!!
img_0039

さらに、球種はカーブ、フォーク、ツーシームで、
素材としては田中正義以上か?!とも!!

いまのところ、大谷、藤浪に続いて160km/hを投げられそうなのは中塚選手だけではないでしょうか?

スピードの秘密は高校時代にあり?

近年優秀な投手を輩出し続けているつくば秀英高出身。
ちなみにつくば秀英は今年も長井良太投手(つくば秀英)がドラフト候補に挙がっています。この選手も要注目。

つくば秀英高出身のプロ野球選手
山田 大樹(ソフトバンク)

江柄子裕樹(巨人)

塚原頌平(オリックス)

 

また、中塚選手の父・幹男さんも野球の経験があります。
大阪・狭山工高から国士舘大に進み、社会人のスリーボンドで都市対抗に出場した右腕だったようです。
しかし、中塚選手は、父の球歴を小学3年時に祖母から聞いて初めて知りました。
スパルタ特訓もなければ、日本一を目指せ、と言われたこともなかったそうです!

普通、自分に野球経験があれば、子供の頃から、ビシバシ鍛えそうですけどね。。。
でも、だからこそゆっくり大きく育ったとも言われています。

とはいえ、お父さんもできればプロ野球選手になりたかったでしょうし、息子へその夢を託したい気持ちもあるでしょう!!

「指名の順位とか、早くから1軍で、とかは考えないで、しっかり投げられるようにしたい」と語っている中塚選手。

img_0040

まだ本格的なウエート・トレーニングには着手しておらず、伸びしろにも大きな期待が寄せられている。

白鴎大の黒宮寿幸監督曰く、

「今は器具を使わないフリーウエートしかやっていませんが、今後、きちんとしたトレーニングをしていけば、160キロは当たり前に出るようになると思います」と言っています。

最速150キロ以上の即戦力投手の行方がテーマになる今回のドラフト。
中塚選手はどこのチームから指名されるんでしょうか?

関連記事
→柳裕也のグローブに母への想い!Wikiや出身高校は?彼女は?

→山岡泰輔がイケメン!Wikiは?ダルビッシュ注目でカープ入り?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

花粉症にはヨーグルトが良い?

アーカイブ