高校野球

中森俊介(明石商業)の出身中学は?身長体重や球速球種も!学業も優秀!

スポンサードリンク

明石商業の2年生エース・中森俊介投手。
すでに1年夏に甲子園デビュー済。
その時は、自己最速の145キロのストレートを投げて注目を集めました。

中森俊介プロフィール

名前:中森 俊介(なかもり しゅんすけ)
生年月日:2002年5月29日
出身:兵庫県篠山市
身長:182cm
体重:83kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:篠山市立福住小学校→篠山市立篠山東中学校→明石商業

中森投手は小学3年生から「篠山東野球少年団」で軟式野球を始めました。
中学時代は「三田ボーイズ」でプレー。

出身中学は?

中学卒業後は、明石商業に進学します。
明石商業が公立の高校ですが、明徳義塾の軟式野球部を4度の日本一に導いた狭間善徳さんが監督に就任して以降、メキメキ力を付けてきている高校です。
※2019年の秋の時点で兵庫県4季連続優勝中、兵庫県内27連勝中と驚異的な強さを誇っています!

明石商業高校での成績

高校では1年春から控えとしてベンチ入り。
1年春の兵庫県大会の決勝では先発を任されています。
中森投手は見事、期待に応え、5回1失点の好成績で優勝に貢献しました。

明石商業は夏の西兵庫県大会でも優勝し、甲子園初出場を果たします。
中森投手は甲子園1回戦の青森光星との試合で全国デビュー!
8対8の8回2死1、3塁というかなり厳しい場面からのリリーフでしたが、0点に抑えています。
しかし、延長10回2四死球からピンチを作り、最後はレフト前にヒットを打たれ、敗れました。

試合後、中森投手は、
「とても投げやすいマウンドで、歓声もすごかった。こんな経験ができる人は限られているだろうと、とても恵まれていることを実感。もう一度、あのマウンドに立ちたいと思った。(ただし)ピンチの場面で、メンタルの弱さも見えた」
とコメント。

今後に向けては、
「余韻にひたる暇はない。もう一度、あのマウンドに立ち、全国制覇をめざす」
と早くも次を見据えていました。

1年秋の新チームからはエースとしてチームを引っ張ります。
秋の兵庫県大会で優勝、近畿大会でも準優勝を達成し、翌春のセンバツ出場を確実なものとしました。
高校の同期にチームメイトには同じくプロ注目の来田涼斗選手らがいます。

どんな選手?

中森投手は182センチ83キロとピッチャーとして理想的ともいえる体型を持つ本格派のピッチャーです。

ストレートの最速は1年夏の時点で145キロ。
変化球もキレキレで、スライダー、カーブ、チェンジアップ、スプリットなどを操ります。

明石商業OBには2018年ドラフトで西武ライオンズに1位指名され、同校初のプロ野球選手となった松本航投手がいます。
昨年11月教育実習のため松本投手が母校を訪れた時に、中森投手はカットボールとツーシームを教えてもらいました。

また、打撃も得意で
「中森は4番も打てるぐらい打撃がいい」
と狭間監督も言っています。

学業優秀

中森投手は「学年280人中10番目ぐらい」と学業も優秀です。
1年生2学期の期末テストでは、一番低いテストの点数が「91点」だったというからかなりすごいですね。

得意科目は数学。
「数学の問題は論理的に物事を考えていかないと解けない。それは野球も同じで、次はこうやって考えれば解ける、とあれこれ考えるのが好きなんです」

また、高校在学中に「日商簿記検定1級」の取得を目標としているそうです。
「日商簿記検定1級」はかなり難関な資格で、合格すれば税理士試験の受験資格を得ることができます。

野球だけをがんばっている高校球児も多い中、中森投手のようなしっかり考えを持ち、学業もおろそかにしないのはすばらしいですね。

自身2度目の甲子園となる春のセンバツに向けて中森投手は、
「日本一を目指している。センバツで152キロを出したい。150キロを目標にしたら、150キロを投げられるんじゃないか」
とインタビューで答えています。
これまでの2年生のセンバツでの最速は2013年に済美の安楽智大投手(現楽天)がマークした152キロです。
もし、中森投手が152キロを出したら夏以上に注目を集めること間違いですね。

スポンサードリンク