野球

石田隼都(東海大相模)2021ドラフト1位候補!大型サウスポーの中学や父は?

スポンサードリンク

東海大相模高校のスーパールーキー・石田隼都投手。
中学時代にはNOMOジャパンに選ばれ、アメリカ遠征を経験している世代を代表するサウスポーです。
高校に入ってからも、1年春の春季関東大会の決勝で先発を任され、見事優勝に貢献するなど活躍を続けています。

石田隼都のプロフィール

名前:石田 隼都(いした はやと)
出身:栃木県真岡市
身長:183cm
体重:70kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:真岡市立真岡小学校→真岡市立真岡中学校→東海大相模高校

石田投手は父・英生さんが監督を務める真岡クラブで軟式野球を始めました。
小学6年生の時には身長168センチから、120キロ近い速球を投げ込む投手して名前を知られる存在となります。
真岡クラブは正直そこまで強いチームではありませんでしたが、石田投手がエースとして引っ張り、全国大会にも出場しました。
全国大会では初戦で敗れましたが、12個の三振を奪うなどすばらしいピッチングをみせ、父・石田監督も「自慢の息子」と褒めたたえていました。

中学時代

中学時代は真岡ボーイズでプレー。
2年春からエースとして活躍します。
中学3年生時にはNOMOジャパンに選出され、アメリカ遠征を経験しました。

NOMOジャパンとは、正式名称を“JUNIOR ALL JAPAN”という選抜チームです。
元メジャーリガーの野茂英雄さんが総監督を務めているため通称“NOMOジャパン”と呼ばれています。
石田投手はNOMOジャパンでもエースとして活躍!
最終戦では7回を投げ、10個の三振を奪う好投を見せています。

高校時代

中学卒業後は、2015年夏に全国制覇した時のエース・笠原慎之介投手(現・中日)縦じまのユニホームに憧れて、神奈川県にある東海大相模高校に進学します。
高校では1年春からベンチ入り
春の関東大会準々決勝で先発として、高校デビューを飾ります。
浦和実業相手に5回1失点と好投を見せ、信頼を勝ち取ると、
なんと関東大会・決勝でも先発!
ここでも3回を無失点に抑え、優勝に貢献しました。

どんな選手?

石田投手は身長183センチ大型サウスポーです。
体重は70キロとまだ細いため、夕食では350グラムのご飯2杯がノルマとなっています。
ストレートの最速は、高校1年生の春の時点で138キロ
変化球はスライダー、チェンジアップなど。
とても三振を多く獲ることのできるピッチャーで、中学3年生のアメリカ遠征では、最終戦で7回10奪三振を記録しています。

まとめ

東海大相模は春の関東大会で優勝しており、夏の神奈川県大会でも優勝の大本命に挙げられています。
早ければ、今年の夏にも甲子園で、石田投手のピッチングが見られるかもしれませんね!
これからの活躍がとても楽しみなピッチャーです。

スポンサードリンク