野球

池田陵真が大阪桐蔭高校に進学!中学時代や身長体重は?日本代表で主将も!

スポンサードリンク

大阪桐蔭のスーパールーキー・池田陵真選手が凄い!
池田選手は170センチと小柄ながら、パワフルなバッティングが魅力の強肩強打のキャッチャーです。
中学時代にはU-15日本代表に選ばれ、4番を打ち、キャプテンを務めました。

2019年入学の高校生では、高知高校の森木大智投手が注目を集めていますが、現時点でのピッチャーの世代ナンバー1が森木投手なら、野手のナンバー1は池田選手だと言われています!

池田陵真のプロフィール


名前:池田 陵真(いけだ りょうま)
出身:大阪府和泉市
身長:170cm
体重:72kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:和泉市立和泉中学校→大阪桐蔭高校

池田選手は2つ上の兄が小学1年生から野球をやっていた影響で、自身も小学1年生から野球を始めました。
キャッチャーを始めたのは小学校5年生からです。

その後は、所属チームではキャッチャー一筋
小学6年生の時には選考会に受かって、オリックスジュニアに選ばれています。

忠岡ボーイズで活躍

中学では「忠岡ボーイズ」でプレー。
忠岡ボーイズは前田健太投手(現・ドジャース)も中学時代に所属していたチームです。

中学1年と中学3年の時に全国大会に出場
1年生のボーイズ春季全国大会ではベスト4に輝きました。
キャプテンとして臨んだ、3年生の時のボーイズ選手権大会では2回戦まで進んでいます。

日本代表で主将

中学1年生の時には日本代表として、カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会に出場し、見事、世界一に輝いています。

さらに中学3年の8月には、U-15日本代表に選出され、主将を務めました。
パナマで開催されたWBSC U-15ワールドカップでは、打撃を活かすために外野手として出場し、4番を任されます。

中心選手としてチームを引っ張っていた池田選手でしたが、スーパーラウンド最終戦のアメリカとの試合で、3回の打席で頭部に死球を受けて途中退場
チームはそこから逆転負けを喫し、優勝を逃すと、池田選手が欠場した3位決定戦でも敗れ、4位に終わりました。

どんな選手?

池田選手は強肩強打のキャッチャーです。
170センチと小柄ながら力強いフルスイングで、広角に長打を放ちます。

肩も強く、中学3年生の時点で、遠投95メートルから100メートルを投げることができるそうです。

憧れは森友哉選手

池田選手の憧れの選手は西武・森友哉選手です。
憧れの選手を聞かれて、

「森友哉選手です。キャッチャーとしてもそうなんですけど抜群のミート力とスイングの速さです。それと体の大きさも身長も僕位なので、僕も身長はもうあまり伸びる事はないと思うので、力をつけるしかないので。タイプの似た選手として憧れを持っています」

と答えています。

森友哉選手は170センチ80キロと、池田選手とおなじくらいの体格のキャッチャーです。
池田選手の目標にするには理想的な選手ですね。

進路は大阪桐蔭

中学卒業後、池田選手は大阪桐蔭に進学しています。

高校の同期のチームメートには、明徳義塾中学時代にスーパー中学生とよばれていた関戸康介選手や、U-15日本代表でもチームメートだった樋上颯太投手、坂玲哉選手など、そうそうたるメンバーがいます。

この仲間たちとともに成長し、3年後は森友哉選手のようにドラフト1位でプロに進めるような選手になってほしいですね。

関戸康介(大阪桐蔭)の転校理由は?出身や身長体重や父母姉も!小学生で最速129km/hを投げ、「スーパー小学生」と騒がれていた関戸康介投手。 明徳義塾中学で過ごした3年間で、最速146km/hを...

 

スポンサードリンク