野球

小畠一心(いっしん/智弁学園)大阪桐蔭を敵視?中学や身長!二刀流に期待!

スポンサードリンク

智弁学園のスーパールーキー・小畠一心選手がすごい!

小畠選手は185cm80kgという大人顔負けの体格を持ち、投げては140km/h、打っては長打を連発する二刀流選手です。

中学3年生の時には日本代表として、U-15ワールドカップに出場しました。
智弁学園でも入学直後の1年春の奈良県大会で先発し、7回を3安打に抑える好投を見せています。

小畠一心のプロフィール


名前:小畠 一心(おばた いっしん)
出身:大阪府
身長:185cm
体重:80kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー兼外野手
経歴:堺市立長尾中学校→智弁学園

小畠選手は父親がやっていた影響で、9歳からソフトボールを始めました。

所属していたチームは小さなチームだったため、大会での優勝などはほとんどなかったそうですが、小畠選手自身は当時から、すでに身長が170センチをゆうに超えており、目立つ選手でした。

オール住之江ヤングで活躍!

オール住之江ヤングの太田忠男監督からスカウトを受けたのをきっかけに、中学では同チームでプレー。
ソフトボールではキャッチャーを務めていた小畠選手でしたが、中学からはピッチャーを始めました。

1年生の頃は
「1年生の間は走っている記憶しかありません」
と言うようにひたすら、基礎体力をつけるために走らされました。

中学2年からは少しずつ試合に出場することも多くなり、新チームを迎える頃には投打の大黒柱へと成長していきます。
中学3年生の時には、いずれも初戦で敗れていますが、春と夏の全国大会に出場しました。

U-15日本代表

小畠選手は中学3年の8月に、U-15日本代表野手として選出され、パナマで開催されたWBSC U-15ワールドカップに出場しています。
主に5番・ライトで活躍し、日本のベスト4入りに貢献しました。

どんな選手?

小畠選手は185cm80kgと恵まれた体格のピッチャー兼外野手です。
投げては140キロを超えるストレートを投げ、打席ではパワフルな打撃を見せます。

智弁学園へ進学!二刀流挑戦!

中学卒業後は、奈良県にある智弁学園へと進学しています。
高校を決める際に、小坂将商監督の存在とともに決め手となったのが、二刀流を続けていける環境でした。
「監督さんの人柄に惹かれたのと、自分のしたい野球に近かったのが決め手になりました。自分は投手と外野手を両方したいと思っていたので、そこを中心に考えていました」

高校入学後は、1年生の春の県大会でピッチャーとしてデビュー。
強豪の高田商業との試合で先発出場すると、7回までを投げて3安打無失点の抜群の投球を見せました。

打倒・大阪桐蔭

小畠選手が中学時代から、度々口にしていることは「打倒・大阪桐蔭」です。

「やっぱり大阪桐蔭さんは一番意識していますし、倒すというのが一つの目標でもあります。甲子園にいったら必ず出てくるチームなので、高校では1年からベンチに入ってレギュラー取って、打倒・大阪桐蔭ということで頑張りたいと思います」

大阪桐蔭には、U-15日本代表でのチームメイトの池田陵真選手竹中勇登投手が進学していますので、いい勝負が期待できそうですね。

小畠選手には同世代の選手たちと切磋琢磨して、子どもたちが憧れるようなすばらしい野球選手に成長していってほしいものです。

池田陵真が大阪桐蔭高校に進学!中学時代や身長体重は?日本代表で主将も!大阪桐蔭のスーパールーキー・池田陵真選手が凄い! 池田選手は170センチと小柄ながら、パワフルなバッティングが魅力の強肩強打のキャッチ...
スポンサードリンク