野球

伊藤樹(仙台育英/野球)の出身地や小学中学は?身長体重や球速も!

スポンサードリンク

今年の仙台育英高校には、2人の超高校級のピッチャーが入学しています。
一人はサウスポーの笹倉世凪投手
もう一人は中学3年生の時点で、すでに144キロを記録している右の本格派の伊藤樹投手です。

今回は伊藤樹投手についてまとめてみました。

伊藤樹のプロフィール


名前:伊藤 樹(いとう たつき)
生年月日:2003年8月24日
出身:秋田県大仙市
身長:175cm
体重:75kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親、兄
経歴:美郷町立仙南東小学校→秀光中等教育学校→仙台育英高校

伊藤投手は小学2年生から「仙南トリプルスターズ」で野球を始めました。
当時のポジションはキャッチャーでした。

小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、楽天ジュニア入りを果たしています。
楽天ジュニアでは中学、高校とチームメイトになる笹倉世凪投手とバッテリーを組んで活躍しました。

秀光中等教育学校に進学

小学校卒業後は、宮城県にある秀光中等教育学校に進学します。
秀光中等教育学校は仙台育英の系列の中学校ですね。

中学では1年春からベンチ入り。
1年秋からピッチャーに転向します。
2年生の秋頃から急に球速が上がっていき、139キロを出すまでに成長しました。

さらに3年生の春から夏にかけて、体幹トレーニングを行ない、体重を増やしフォームの改善を行なったことで、144キロまで球速が上がり、コントロールもよくなりました。

3年夏には笹倉投手とともにチームを引っ張り、全国中学校軟式野球大会準優勝を経験しています。

どんな選手?

伊藤投手は最速144キロのストレートを投げる本格派のピッチャーです。
変化球も、スライダー、カーブ、スプリットなどの多彩な球種を投げることができます。

伊藤投手は144キロの速球を持っていながらも、それに頼り過ぎず、変化球を効果的に使って打者を打ち取っていくピッチャーです。
また、コントロールも非常に良く、大崩れしません。

金子弌大とそっくり?

伊藤投手が中学生の全国大会に出場した時に、2018年オフに日本ハムに移籍した金子弌大(ちひろ)投手に顔が似ていると話題になりました。

しかも、伊藤投手が金子投手に似ているのは、顔だけではありません!
ピッチングスタイルも似ていると評判です。

金子投手も最速154キロの速球と多彩な変化球をコントロール良く操って、打者を打ち取っていくタイプのピッチャーです。

伊藤投手自身も、
「プロ野球で意識している選手はいますか?」
と言う質問に対して
「変化球を得意にしているので、金子弌大投手が自分のスタイルに似ていると思います。なので(金子投手を)1番意識しています」
と答えています。

また、
「将来の夢は?」
と言う質問に対しては
「プロ野球選手になることが夢で、目標は15年以上活躍できる投手になりたいと思います。プロに入ることはその過程であって、それを成し遂げるために様々な努力を積み重ねて、15年以上プロで活躍する投手になることが目標です」
と答えていました。

上記の質問は伊藤投手が中学生の時にされたものですが、とても中学生に思えないしっかりとした考えを持っていますね。
こういう選手は高校でも伸びていくと思います。

笹倉世凪投手とともに今後も注目していきたいピッチャーです。

関連記事

笹倉世凪の進路は仙台育英!出身地や小学/中学や身長体重は?今年の仙台育英高校には、2人の超高校級のピッチャーが入学しています。 一人はサウスポーの笹倉世凪投手。 もう一人は本格派右腕の伊藤樹...
スポンサードリンク