高校野球

奥村真大(龍谷大平安)兄父祖父がすごい!親子兄弟アーチに期待!

スポンサードリンク

龍谷大平安高校で1年生からクリーンナップを打つ奥村真大選手
兄は東京ヤクルトでプレーする奥村展征選手です。
さらに父と祖父も甲子園に関わりのあるすごい人物だそうです。

早速、どんな選手なのか調べてみました。

奥村真大のプロフィール


名前:奥村 真大(おくむら まさひろ)
生年月日:2002年6月18日
出身:滋賀県
身長:178cm
体重:75kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:内野手
血液型:A型
経歴:甲西中学校→龍谷大学付属平安高等学校

奥村選手は小学生から「三雲東スポーツ少年団」で野球を始めました。

中学時代は「草津リトルシニア」に所属。
滋賀県No.1ショートとして、当時から注目を浴びていた奥村選手は、中学3年生の時には関西選抜、滋賀選抜にも選ばれています。

龍谷大平安へ進学

高校進学の際には兄がいた日大山形へ進むことも一時期は考えましたが、龍谷大平安の原田英彦監督の
「俺と一緒に日本一を目指そう」
の言葉に圧倒され、同校へ進学しました。

高校での実績

1年生の夏の京都大会からベンチ入りします。
チームは優勝して甲子園に出場。
奥村選手は3回戦の日大三高校との試合で、9回に代打で出場しましたが、サードゴロに倒れています。

1年秋からはサードのレギュラーを獲得。
打順も5番打者を任され、京都府大会&近畿大会優勝に貢献しました。

どんな選手?

奥村選手は勝負強いバッティングが魅力の内野手です。

1年生秋の近畿大会では、準々決勝ではサヨナラタイムリー、準決勝ではスリーホームラン、と大舞台で結果を出してきています。

50メートル6秒4。遠投100メートル。

野球一家

祖父

奥村選手の祖父・展三さんは、監督として滋賀県立甲賀高校(現・水口高校)を率いて、1968年の選抜高等学校野球大会に出場されています。

監督を退任されたた後は、滋賀県議会議員、参議院議員、衆議院議員を歴任。
民主党所属の衆議院議員時代には、野田佳彦内閣で文部科学副大臣も務めました。

父の伸一さんは、滋賀県立甲西高校の3年生の時に、第68回全国高等学校野球選手権大会へ出場。

高校卒業後は、近畿大学野球部・プリンスホテル野球部でのプレーを経て、現在は母校・甲西高校の野球部監督をされています。

兄の展征さんプロ野球選手です。

日大山形で甲子園に出場後、2013年のドラフトで巨人に4位指名され入団。
その後、2015年にFA移籍した相川亮二選手の人的補償選手としてヤクルトへ移籍しています。

親子&兄弟アーチ

奥村選手のお父さんとお兄さんは、いずれも甲子園に出場した際にホームランを打っていて、史上2例しかない「父子アーチ」を達成しています。
もし、奥村選手が甲子園でホームランを放てば、史上初の「父子アーチ」と「兄弟アーチ」のダブル達成となります!
まさに祖父、父、兄の全員が甲子園に出場している奥村一家にふさわしい大記録ですね!

奥村選手には記録など気にせず、甲子園ではノビノビプレーしてほしいものです。
でも、できれば、やっぱりホームランも見てみたい!

スポンサードリンク