高校野球

松本隆之介(横浜高校)の身長体重や出身中学は?球速・球種も!

スポンサードリンク

まもなく平成最後のセンバツ高校野球が開幕!
昨年の夏の甲子園は盛り上がりましたね。
今年のセンバツ盛り上がるといいなぁ。
ということで、今回から何回かに分けてセンバツの注目選手を紹介したいと思います。

第1回は横浜高校の新2年生・松本隆之介投手!
横浜高校といえば、エースの及川雅貴投手に注目が集まっているみたいですけれども、1学年下の松本投手もなかなかすごいピッチャーのようです。

松本 隆之介プロフィール

名前:松本 隆之介(まつもと りゅうのすけ)
生年月日:2002年7月31日
出身:神奈川県横浜市
身長:188cm
体重:76kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:横浜市立川上北小学校→横浜市立名瀬中学校→横浜高等学校

松本投手は小学1年生から野球を始めました。
当時のポジションは外野手。
中学時代に「戸塚シニア」に所属してから本格的に投手を始めると、すぐに頭角を現します。
中学3年の夏には全国大会に出場を果たします。
結果は一回戦で敗退でしたが、注目を集め、高校進学の際には県内外の多くの高校から誘いを受けました。

横浜高校での成績

松本投手はその中から地元にある高校野球の強豪・横浜高校へと進学します。
高校では入学直後の春からベンチ入り。
1年春の神奈川県大会4回戦・創学館戦で公式戦デビューを果たすと、
いきなり自己最速となる145キロのストレートを投げて観客を沸かせました。

1年夏の南神奈川県大会でも控え投手として、ベンチ入り。
登板は1試合のみ、投げたイニングも1回1/3だけでしたが、打者4人に対して3つの三振を奪う好投を見せています。
チームは南神奈川県大会を制して、甲子園出場。
残念ながら、松本投手は甲子園での登板の機会はありませんでした。

1年秋からは、少しずつ登板も増えていき、秋季神奈川大会優勝、秋季関東大会ベスト8に貢献。
2019年1月25日に行われた選考委員会で春センバツ出場も決まりました。
1年夏の甲子園では登板が無かった松本投手ですが、ついに甲子園デビューをする時が近づいていきていますね!
どんなピッチングを見せてくれるのか今から楽しみです!
横浜高校の同学年のチームメイトには木下幹也投手度会隆輝選手らがいます。

木下幹也投手についてはこちらを→木下幹也(横浜高校)の身長体重や出身中学は?球速球種や成績も!

度会隆輝選手についてはこちらを→度会隆輝(わたらい/横浜高校)の父や兄も凄い!出身中学や身長は?

球速・球種は?

松本投手は188cm76kgの長身細身の左投げのピッチャーです。
ストレートの最速は1年秋の時点ですでに147キロをマーク。
身体ができてくれば、球速はまだまだ上がっていきそうです。
高校在学中に150キロも夢ではないですね。
変化球はスライダー、フォーク、チェンジアップなど。
課題はコントロールでややバラツキが残ります。

横浜高校といえば、松坂大輔投手をはじめ、成瀬善久投手、藤平尚真投手など球界を代表するピッチャーを輩出してきた学校です。
松本投手も先輩たちに負けないようなスケールの大きな選手へと成長していってほしいですね。

スポンサードリンク