横地聖真(福大大濠)ダンクに期待!身長は?ハーフ?父母の出身も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

福岡大大濠が3年ぶり4度目の優勝を果たした、今年のインターハイ男子バスケットボール。
その中で一際、目立っていたのが、福岡大大濠のスーパー1年生・横地 聖真選手です。
特に準決勝以降の活躍には、また一つレベルアップしたような目覚ましいものがありました。

 

名前:横地 聖真(よこち せいしん)

身長:191cm
出身:愛知県
ポジション:SF
経歴:森東ミニバスケットボールクラブ→春日井市立岩成台中学
好きな選手:カイリー・アービング(クリーブランド・キャバリアーズ)

 

ガーナ人の父親と日本人の母を持つ横地選手は、中学時生の頃から、圧倒的な身体能力と得点能力で、全国的に有名な選手でした。

中学2年生の時には、「都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会(ジュニアオールスター)」、「全国中学校バスケットボール大会(全中)」ともに中心選手としてベスト4になっています。


さらに、中学3年生の時には、「全国中学校バスケットボール大会(全中)」で準優勝を果たし、得点王&優秀選手にも選ばれました。
しかも、その活躍はすさまじく、6試合で大会最多の248点決めています。

岩成台中学は普通の公立中学で、横地選手以外に目立った選手がおらず、横地選手の超ワンマンチームでした。
ひたすら横地選手を中心に攻める様子は「戦術・横地」とも呼ばれ、敵チームから恐れられていました。

ワンマンチームであったおかげで、長身の選手がするセンターというポジションだけでなく、ゲームメイクやボール運びなどが役割のポイントガードなども経験でき、横地選手にとって大きなプラスだったと言えます。

現在、福岡大大濠では、フォワードをしている横地選手ですが、NBAを代表するポイントガードであるカイリー・アービングを目標としていることもあり、将来的には、ポイントガードでプレーすることになりそうです。

190cmを超える身長の横地選手が、代表のポイントガードになったら、海外のチームと戦ううえでの強力な武器になること間違いなしですね。
ダンクを決める姿もどんどん見せて欲しいですね!!
楽しみです!!

 

横地選手の課題は?

中学校時代は、敵なしの無双状態だった横地選手でしたが、高校やU-16日本代表では、自分より体が大きくテクニックもある人と対戦することになります。

必然的に自分の思うようなプレーができない時も多くなるでしょう。
そんな時、どのように乗り越えていくのかが今後の成長にカギになっていくと思われます。
中学生時代のプレーには、時折“ムラ”も見受けられましたし。

まぁ、インターハイでは、周りの先輩たちにうまく助けられてプレーしているようで、心配はなさそうでした。
横地選手にとって、福岡大大濠はいいチームのようですね。

 

今後の目標と進路先は?

今後の目標として、
「米国の大学へ進み、日本代表になり、五輪に出場すること」
という横地聖真選手。
早ければ、2020年の東京オリンピックで日本代表のユニフォームを着た横地選手が見られるかもしれませんね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

花粉症にはヨーグルトが良い?

アーカイブ