山下輝(木更津総合)ドラフト注目!出身中学は?進学先は早稲田か?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

全ての出場校が決まり、もうすぐ開幕の今年の高校野球甲子園大会。
その中に注目を集めること間違いないピッチャーがいます!

それは!!
千葉県代表の木更津総合のサウスポー・山下輝投手です!

山下投手は、187cmの長身から140km/h台のストレートを連発し、今年の千葉県予選では、6試合で42イニングを投げ、自責点5防御率1.07という圧倒的な成績を収め、優勝に貢献しました。

こんなにすごい投手なんですが、昨年まで木更津総合には、早川隆久投手(現・早大)という高校球界を代表するピッチャーがいたために、今まで注目されることはありませんでした。

しかし、ついに今年の夏、山下輝投手が甲子園のマウンドに立ちます。
きっと、日本中の注目が山下輝投手に集まるはず!

 

名前:山下 輝(やました ひかる)

出身:千葉県木更津市
身長:187cm
体重:82kg
投打:左投げ左打ち
経歴:木更津市立岩根小学校→木更津市立岩根西中学校→木更津総合高等学校

 

山下投手は、小学校3年生の時から野球を始め、岩根西中学校時代には千葉県選抜として、第9回15U全国KB野球秋季大会で優勝も経験しています。
そんな山下投手の元には全国から高校のスカウトが。
しかし、生まれも育ちも木更津一筋の山下投手は、地元の木更津総合への進学を選択しました。

高校入学当初は、ピッチングよりもバッティングに期待されていて、1年生の夏からファーストでレギュラーを獲り、1年秋には四番打者として関東大会で優勝しています。

2年生の春と夏に甲子園に出場していますが、前述のように早川投手がいたために、全て野手としての出場で、ピッチャーとしては甲子園の試合に出ていません。

山下投手が、木更津総合のエースとなったのは、早川投手が引退した2年生の秋からです。
残念ながら、秋の千葉県大会は2回戦で敗れて、センバツ出場は逃しますが、3年夏の甲子園予選は見事優勝して、甲子園出場を決定しました。

気になる山下輝投手の高校卒業後の進路は?

山下投手がプロ入りを希望すれば、間違いなく指名してくる球団はあるでしょうね。

でも、木更津総合の五島卓道監督は、
「選手の目先の成功ではなく、長い人生を考えて、大学などで野球以外のことも学んでからプロ入りすればいい」
という考えの人なので、大学へ進学が有力なのではないでしょうか。

実際、昨年の早川隆久投手もプロ志望届を提出すれば、ドラフト上位で指名されることは、確実でしたが、大学進学を選択しました。

進学先としては、山下投手が、尊敬する先輩である早川隆久投手がいる早稲田大学が有力なのではないでしょうか。
早稲田大学は、五島監督の母校でもありますし。

でも、あえていわせてもらえば、山下投手には高校卒業後、すぐにプロ入りしてほしいですね。
早川投手と違って、体も大きく、ボールも速いので、高卒でプロ入りしても、やっていけると思います。

それに、必ずしも野球選手にとっては、大学に行くことはプラスな要素だけではないと思います。

高校時代にプロに行けるだけの実力がありながら、大学に行き、実力があるだけに下級生から試合に出場した結果、疲労を蓄積させて、ケガやスランプを起こして高校時代よりダメになる選手もいます。
特に試合数が多くなりがちな名門大学の投手は、その傾向が強いと思います。

山下投手は、将来的には同じサウスポーで、千葉県の高校から直接プロに入って、日本のプロ野球界やメジャーでも活躍した石井一久投手みたいな凄い投手になりそうな気がしてなりません。

これからの甲子園での活躍とともに、秋の進路選択にも山下輝投手から目が離せません!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

花粉症にはヨーグルトが良い?

アーカイブ