台風5号福岡(朝倉/東峰村/日田)最新進路は?交通機関への影響も!

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

こんばんは!coちゃんママです。

非常に強い台風5号が九州に接近してきそうです。

福岡は5日の深夜から6日にかけて注意が必要なようです。

本日2日の午後3時には日本の南にあり、ゆっくりとした速さで北西に進んでいます。
中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は60メートル。
今後も非常に強い勢力を維持しながら、4日(金)に南西諸島に近づく見込みとのこと。

この気象庁の予報円を見ると、九州は6日の15時には予報円の中に入っていますね。

米軍の予報図を見てみても、、、

やはり九州の西部を通り、九州がすっぽり予報円の中に入る進路になっています。
上陸する可能性も出てきています。

4日午後には、奄美地方が暴風域に入るおそれがあり、
九州南部と奄美の海上はうねりを伴い波が高く、4日は次第に大しけとなり、奄美では猛烈にしける所がある見込み。

今回の台風5号は非常に強い勢力を保ったまま進んでくる予想になっているので注意が必要です!!
九州豪雨の被災地である福岡県朝倉市や東峰村や大分県日田市への影響が心配です。

現在、朝倉市では台風5号の接近に伴い、流木の撤去などを早急に進めているようです。
少しずつですが、復旧のため皆さん頑張っていらっしゃるのに、ここにきてまた台風がきたら、また畑や田んぼにも大きな影響がありそうですよね。
心配です。。。

また、交通機関にも大きな影響が出そうです。
7月に九州を直撃した台風3号の時は、台風の影響で九州新幹線が全線で運転を見合わせるなど交通網が乱れ、福岡、長崎県を中心に自主避難が相次ぎました。
さらに空の便にも影響が出ました。
今回もかなり勢力が強い台風のようなので、九州に6日の月曜日は特に交通機関の情報に注意が必要です。

また、気象庁は、最新の台風情報を確認し、早めに備えを進めるよう呼びかけています。
台風の進路に当たる地域では、自分が住んでいる場所で、どのような災害が起きやすいかや、避難場所の位置を防災マップで確認しておくことも大切ですね。

どうか被災地に直撃しませんように!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

花粉症にはヨーグルトが良い?

アーカイブ