弾道ミサイルCMが怖い!なぜ今?威力や可能性は?落下時の行動も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

最近、弾道ミサイルについてのCMが頻繁に流れていますよね!

なぜ今?
こんなCMが流れるってことは‥
飛んでくる可能性が高いということでしょうか??
怖い!!!

実際に視聴者からは
「CM制作に税金を使わないで」

「不安を煽っている」

「怖すぎる」
など厳しい意見が多いようです。

CM制作費については、
CM制作費と放映費で1億4000万円。
新聞広告で1億4000万円。
ウェブ広告で8000万円かかっているそうです。

 

そんなにお金をかけてまで放送する必要があるのでしょうか?
そのくらい飛んでくる可能性が高いということでしょうか?

では、北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、日本に落下する可能性がある場合、どのように行動すべきか?
弾道ミサイルは、発射からわずか10分もしないうちに到達する可能性もあります。

CMでは、
kutsu_170623jalert01

「弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合、『Jアラート』(全国瞬時警報システム)を通じて屋外スピーカーなどから国民保護サイレンと緊急情報が流れます」とし、次のように行動するよう推奨しています。

 

・屋外にいる場合、頑丈な建物や地下に避難してください。
kutsu_170623jalert02

※ 地下:地下街や地下駅舎などの地下施設

 

・近くに建物がない場合、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。
kutsu_170623jalert03

 

・屋内にいる場合、窓から離れるか、窓のない部屋に移動してください。
 換気扇を止め、窓を閉め、目張りをし て室内を密閉する。
kutsu_170623jalert04

「物陰に身を隠す」「地面に伏せる」という行動は、どれほど効果があるのでしょうか??

 

しかし、Jアラートが出た場合に備えて、自分で逃げるルートを決めておかないといけませんね。

●弾道ミサイル攻撃を知らせるJ-アラート警報音。

近くの地下鉄があるところに逃げるとか、逃げる場所を決めておかなければなりません。
地震などの時もそうですが、万一の場合に備え、身を守る方法を事前に考えておくことは大切です。

「政府広報オンライン」には、さらに詳細な説明もあります。

●国民保護ポータルサイト
武力攻撃やテロなどから身を守るために 事前に確認しておきましょう。
→こちら!

●ミサイル落下時には、こちらから政府の対応状況をご覧になれます。
◇首相官邸 ホームページ →こちら!

●Twitterアカウント
@Kantei_Saigai

20170623104559

では、弾道ミサイルとは、どんなものなんでしょうか。

弾道ミサイルとは、

大気圏の内外を弾道を描いて飛ぶ対地ミサイルのこと。弾道弾とも呼ばれる。
弾道ミサイルは最初の数分間に加速し、その後慣性によって、いわゆる弾道飛行と呼ばれている軌道を通過し、目標に到達する。

ということです。

弾道ミサイルの威力は、弾頭というミサイルの先頭部分に何を入れるのかによって変わってきます。

核爆弾・水素爆弾、細菌兵器など入れることができますが、やはり核爆弾や水素爆弾などが一番破壊力があります。
怖いですね。。。

もしも、
広島に落ちた原爆くらいの核爆弾が落とされた場合、
同じ程度の大きさで約3km範囲の家屋は全壊するだけの破壊力があると言われています。

そして北朝鮮の弾道ミサイルは、広島に落とされた原爆よりさらに2〜3倍程度の核を搭載可能と言われているそうなんです!!

北朝鮮が考えていることは分かりませんが、日本もあのようなCMが流れるようになったということは、他人事ではなくなりつつあるんでしょうか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

花粉症にはヨーグルトが良い?

アーカイブ