馬場雄大の高校は?進路はNBAかアルバルク契約か?ダンクがすごい!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

先日行われた「第5回東アジアバスケットボール選手権大会」で、学生で唯一選ばれた馬場雄大選手。

現在・筑波大学の四年生の馬場選手は、初めての日本代表でスタメン出場こそはなかったものの、豪快なダンクシュートを連発するなど強烈な存在感を示しました。
maxresdefault

これからの日本バスケ界の未来を担うであろう馬場選手のプレーの特徴は、ただ、「バスケが上手い」だけではなく、「見る人を引き付けるプレー」ができるところでしょうか。

そんな馬場選手のプレーの中で一番「見る人を引き付けるプレー」なのは、なんと言っても日本人離れした身体能力から放たれるダンクシュート!

身長1メートル82だった中学3年生で初めてダンクができるようになって以来、
「ダンクは僕の持ち味の一つ、行ける時には行く」
と、これまでも何度もダンクを決め続けてきています。

みなさんもチャンスがあれば、ぜひ馬場選手のプレーに注目して見てみてください!!

名前:馬場雄大(ばば ゆうだい)
bab0211t2

出身:富山県
生年月日:1995年11月7日生
身長:195cm
体重:91kg
ポジション:SG&PG&SF 代表ではポイントガード
経歴:富山市立奥田中学校→富山第一高校→筑波大学
座右の銘:Do or die
中学を卒業後、馬場選手は父親がコーチを務める富山第一高校に入学します。
そして、エースとして、2年生と3年生の時に全国大会に出場しました。
日本代表としても、高校1年生の時、「男子U-16日本代表」に選出され、
「第2回FIBA ASIA U-16男子バスケットボール選手権大会」でアジア3位に貢献しています。

また、高校2年生の時には、飛び級で「男子U-18日本代表」にも選出されました。
高校卒業後は、大学バスケの名門・筑波大学へ進学。
同期の杉浦佑成選手とともに、1年生からチームを牽引し、入学以来3年連続でインカレを制し、大学日本一に輝いています。
気になる馬場選手の大学卒業後の進路ですが、今のところ明言はされていません。
検索すると「アルバルク契約」と出てきますが、アルバルクと契約したという情報はありません!

本人は常々「僕の目標は東京オリンピックに出ることとNBAでプレーすることと公言されていることから、おそらく卒業後は、Bリーグではなく海外挑戦するものと思われます。
馬場選手の世代では、一つ年上の渡邊雄太選手がジョージ・ワシントン大学でプレーされており、また、富山市奥田中の2年後輩である八村塁選手がゴンザガ大学でプレーされています。

馬場選手がNBAを目指して、海外でプレーしたいと思うのも自然なことではないでしょうか。
私の個人的な夢ですが、
「日本人選手が、NBAの試合でダンクするところを見てみたい!」というのがあります!
これまで、NBAでプレーした日本人は、小柄な田臥勇太選手と富樫勇樹選手だけですので、まだ日本人でダンクを決めた人はいません。
そろそろ、190cmを超えるような大きな日本人選手がNBAでプレーするところを見てみたいと思いませんか?

馬場雄大選手(あるいは、前述した渡邊雄太選手か八村塁選手)なら、きっとその夢を叶えてくれると信じています。

応援しています!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

アーカイブ