本田仁海(星槎国際湘南)つきみ野中学時代の成績は?ドラフト注目選手!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

夏の高校野球の神奈川県大会の抽選会も終わり、まもなく開幕します。

神奈川県は全国屈指の激戦区で、注目選手もたくさんいます。
その中でも、私が一番注目しているのが、
星槎国際湘南高の「本田仁海」投手!
show_img.php

本田投手は甲子園に出場経験がなく、全国的にはあまり知られていません。
しかし、すでに「神奈川県ナンバー1投手」と呼ばれ、春の時点で日本のプロ野球12球団全てのスカウトが試合を見に訪れるほどの投手です。

本田仁海投手は、本人が「コントロールで勝負していきたい」と語るように、低めに集める制球力が持ち味です。
高校生ぐらいだと、普通は球速を追い求めがちなのに、「コントロールで勝負していきたい」というのは珍しいですね。
まぁ、本田投手の場合、ストレートも最速146km/hと高校トップレベルですけどね。

 

本田投手のいる星槎国際湘南高校(せいさこくさいしょうなん)とは?

 

聞きなれない高校名ですが、通信制の高校です。
今年で創部7年目の野球部には専用グラウンドがなく、校庭を他の部活と分け合ったり、球場を借りたりして、練習を行っています。

通信制の高校としては、過去には2012年のセンバツに地球環境高校、2016年の夏にクラーク国際高校が甲子園に出場しています。

本田仁海(ほんだ ひとみ)
jDc7VMaR

生年月日 1999年7月27日
出身 神奈川県
身長181cm
体重75kg
投打 右投げ左打ち
経歴 北大和ドリームス→つきみ野中学→星槎国際湘南高
本田投手は、北大和小1年時から北大和ドリームス軟式野球を始め、つきみ野中学校時代はシニアではなく、学校の軟式野球部でプレーしていました。
中学までは、目立った成績を残していませんでしたが、唯一、星槎国際湘南高の土屋恵三郎監督だけが、本田投手に声をかけてくれました。

土屋監督は、桐蔭学園の監督時代に10度も甲子園に出場している神奈川の誇る名将です。
そんな名将から声をかけられた本田投手は、
「土屋監督に付いていけば、甲子園も夢ではない」と考え、星槎国際湘南高に進学を決めます。

土屋監督の指導の下、練習を重ねた本田投手は、入学当初は、55kgだった体重も75kgまでアップ。
それにともない120 km/h台中盤だった球速も146 km/hを出せるまでに成長しました。

↓本田選手の動画です。

スカウトの評価は?

◇巨人・岡崎スカウト部長
「バランスが良く癖が無い投げ方で伸びる要素がある。最後まであれだけ全力で投げられるのもいい」

◇中日・中田スカウト部長
「甲子園に出たトップクラスの投手と遜色ない。フォームがしっかりしていてタイミングがとりづらい」

◇ヤクルト・斉藤スカウト
「将来、前田(米大リーグ、ドジャース)ののような投手になるかもしれない、いい投げっぷり」

と高評価。

もちろん、本田投手自身も「プロに行って活躍したい。結果を残したい」とプロ志望です。
全国的に有名な強豪校が数多くある神奈川県で、本田投手は、この夏どこまで勝ち上がれるのでしょうか?
ぜひ勝ち上がって、甲子園で本田投手を見てみたいものです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

花粉症にはヨーグルトが良い?

アーカイブ