甲斐拓也盗塁阻止率が高い理由は強肩!身長や年俸や彼女情報も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

城島選手がメジャーに行って以来、ホークスには絶対的なレギュラー捕手が不在でしたが、突然現れたニュースター「甲斐拓也」選手が、その歴史に終止符を打とうとしています。

今までこんな選手いた?と思うプロ野球ファンもいるかもしれませんが、昨年までは登録名「拓也」でプレーされていた育成出身の7年目の選手です。
IMG_0731

今のところ、ホークスのキャッチャーは高谷選手と甲斐選手の二人が交代でスタメンとして起用されています。
千賀投手や東浜投手など若い投手が先発するときは、甲斐選手が先発でマスクをかぶることが多いですね。
ただ、開幕当初は高谷選手が起用されていた中田投手のときでも、最近は甲斐選手が任されており、今後は若い投手に限らず甲斐選手がスタメンでマスクをかぶることが増えると予想されます。

甲斐選手の魅力は何と言っても肩の強さ!
現在の日本プロ野球では、WBCでも活躍した巨人の小林選手が強肩で知られていますが、甲斐選手の肩の強さは、小林選手以上です。

本塁から二塁まで投げる送球の速さは、小林選手が「1秒9」なのに対して、甲斐選手は「1秒71」とさらに速い。しかも、この二塁までの送球「1秒71」というのは、日本プロ野球最速記録でもあります。

この強肩を武器に、日本ハム西川選手、ロッテの荻野選手、西武の源田選手などのパ・リーグを代表する俊足選手たちの盗塁を刺しまくっています。
これはホークスの投手たちにとっては心強いこと間違いなしですね。

甲斐選手の肩の強さを見るためだけに球場に行く価値あります!

 

甲斐拓也(かい たくや)
IMG_0734
出身 大分県大分市
生年月日1992年11月5日
身長170 cm
体重75 kg
投打 右投げ右打ち
年俸900万円(2017年)※2016年600万円から+50%
背番号 62
経歴 楊志館高等学校

彼女の情報は今のところナシ!

甲斐選手は、小学校1年生の時に3歳年上の兄の影響で野球を始めました。
大分市立稙田東中学校時代は「大分リトルシニア」に所属し、田中太一(読売ジャイアンツ入団)とともに全国大会にも出場しています。
その頃はキャッチャーではなく、内野手としてプレーしていました。

 

甲斐選手がキャッチャーを始めたのは楊志館高校に進学してからです。
2年からはレギュラーとなり甲子園をめざしますが、2年夏の大分県予選では、現在のチームメイトである今宮健太選手に完封負けを喫し、準々決勝で敗れています。
3年夏は大分県大会1回戦の別府羽室台高に敗れ、甲子園出場経験はありません。
その年のプロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから育成6位指名を受けプロ入りします。

 

ちなみにその年のホークスのドラフト1位は、同じ高校生捕手の山下斐紹(現在の登録名は「斐紹」)選手でした。
必然的に甲斐選手と斐紹選手は、周りから比べられることが多く、下に見られるのは甲斐選手の方でつらい想いをされていたみたいです。

その頃から、甲斐選手が帽子のツバの裏側とキャッチャーミットに刻んでいるのが「人はヒト」という言葉。
「僕は自分のできることをやるだけ。他人のことを気にしても仕方ない」
という気持ちから書き込み始めました。

IMG_0733

甲斐選手は、3年目のオフに支配下登録を勝ち取り、4年目のシーズンに1軍初出場、6年目の昨年にようやくプロ入り初ヒットを記録します。
そして、ついに今年レギュラーの座を掴み獲ろうとしています。

5月を終えて、甲斐選手の盗塁阻止率は、驚異の「7割1分4厘」を記録しています。
日本プロ野球のシーズン最高盗塁阻止率は古田敦也さんの「6割4分4厘」、パ・リーグ記録は梨田昌孝(現・楽天監督)さんの「5割3分6厘」です。
まだ、シーズンは序盤ですが、甲斐選手にはこの記録を塗り替える可能性が大いにあります。

 

盗塁阻止率の日本記録はもちろん塗り替えてほしいですが、個人的には、同じ育成出身の千賀投手と「最優秀バッテリー賞」も獲ってほしいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

アーカイブ