怪獣倶楽部(ドラマ)リョウタ役は本郷奏多!登場怪獣やあらすじは?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

■怪獣倶楽部~空想特撮青春記~ 本郷奏多主演■

俳優の本郷奏多さんが、6月からスタートする連続ドラマ「怪獣倶楽部~空想特撮青春記~」(MBS・TBS系)に主演することが発表されました。
7501785cb8d1b8d0891225e1379e5423
ドラマは、青春を“特撮番組に登場する怪獣の研究”にささげた青年たちの物語。

往年のウルトラファンにとってはたまらない内容でありますが、ウルトラマンを知らない世代の人たちにとっても、一つのことに青春をかける熱い青年たちの物語として、楽しめそうなドラマになりそうです。

主演の本郷さんも、
「誰でも気軽に見ていただける作品に仕上がると思いますが、特撮に夢中になった世代の方々は昔を懐かしみながら見ていただけると思います」
と語っています。

あらすじ
ドラマは、1970年代半ば、青春を“特撮番組に登場する怪獣の研究”にささげた青年たちの物語で、円谷プロの協力を得て、ウルトラマン、ウルトラセブンのエピソードを徹底的に研究する、彼らのマニアックな編集会議が描かれる。

本作では、怪獣倶楽部において、実際に放送された内容を議論するのも見どころとなっています。

今では当たり前に出来るテレビ番組の録画ですが、それがなかった時代に、どういう風に彼らは作品を自分のモノにし、どのように議論していたのでしょうか。
劇中に出て来る彼らのワザには驚かされ、そして彼らの怪獣への情熱に圧倒されることでしょう。

.
怪獣倶楽部とは・・・
竹内博さんによって、1975年に結成された実在した特撮研究団体です。
空想特撮シリーズを愛し、怪獣を様々な角度から研究したり、編集会議を行ったりして、怪獣の同人誌を発行したりしていました。

1975年結成ですので、ウルトラマン(1966年-1967年放送)やウルトラセブン(1967年-1968年放送)の時代とはずれていますね。
ウルトラマンレオ(1974年-1975年放送)、ザ☆ウルトラマン(1979-1980年放送)が放送された時代です。

でも、レオやザ☆ウルトラマンより、ウルトラマンやセブンの方が知名度があるから、仕方がないですかね。
このドラマが人気になれば、帰りマン、エース、タロウ編あたりもシリーズ化しないかな?

放送は全4話で予定されており、それぞれで取り上げられる怪獣は以下の通りです。

第1話・・・メトロン星人(ウルトラセブン「狙われた街」)
n-4712-02

第2話・・・ガッツ星人(ウルトラセブン「セブン暗殺計画 前後編」)
n-4712-03

第3話・・・ゼットン(ウルトラマン「さらばウルトラマン」)
n-4712-04

第4話・・・ゴース星人(ウルトラセブン「史上最大の侵略 前後編」)
n-4712-05

主人公・リョウタを演じるのは、本郷奏多さん。
熱く怪獣を愛する青年の、「怪獣」と「恋愛」の葛藤をひたむきに演じます。

郷奏多さん(主演・リョウタ役)コメント
連続ドラマ『怪獣倶楽部』にて、主演を努めさせていただくことになりました。
強烈な怪獣オタク達の中で、バランスを取りながらお芝居ができればと思います。
脚本も面白いですし、きっと素敵な作品になると思います!
「怪獣倶楽部~空想特撮青春記~」は全4回で、MBSで6月4日から毎週日曜深夜0時50分に放送、TBSでは6月6日から毎週火曜深夜1時28分放送予定です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

アーカイブ