ハロー張りネズミドラマで新作!主題歌は?ロケ地は下赤塚や大磯!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

TBSでは、2017年7月期の金曜ドラマ枠で、『ハロー張りネズミ』を放送することが決定しました。
840458aca1836cc98a52ffba6800a182

 

原作は?

島耕作シリーズ」でお馴染みの弘兼憲史の同名マンガ。

「週刊ヤングマガジン」にて連載され、
人情モノやサスペンスをはじめ、企業モノや超常現象に至るまで幅広いテーマを扱い、大人気を博した漫画です!
sub-buzz-7196-1490177976-1

 

あらすじは?

東京都板橋区の下赤塚にひっそりと事務所を構える「あかつか探偵事務所」。

誰も引き受けたがらない面倒な案件ほどやりたがる、という一風変わった探偵「ハリネズミ」こと七瀬五郎とその仲間たちが、ときには人情味あふれる哀しい事件を、またあるときには想像を超える難事件に挑んでいく。

主人公・ハリネズミこと七瀬五郎を演じるのは、瑛太さん。
五郎はスケベで多少おせっかいなところもあるが、情に厚く、実直な男。
「あかつか探偵事務所」のムードメーカー的な存在で、様々な事件に関わっていきます。

 

第一話のストーリー!

お気楽所員の五郎(瑛太)とグレ(森田剛)は、事務所の下にあるスナック「輝(キララ)」にて、今日ものん気にバイトの萌美にちょっかいを出す日々。

そんな時、天井からドンドンと音が響く。
さらに三回ドンドンドンと響き、それが所長の風かほる(山口智子)からの依頼の合図だと気付いた五郎とグレは、急ぎ事務所へ戻った。
昼間から酎ハイをあおるかほるに悪態をつかれながら迎えられ、二人は事務所に尋ねてきた依頼主と対面。
川田という男の依頼は、なんと、一ヶ月前に亡くした娘を探してほしいというものだった。
その話を聞いた五郎とグレは……。

 

原作者の弘兼氏は、今回のドラマ化にあたり
「25年以上前に終了した昭和の匂いの濃い作品が、大根仁監督によって平成の今に蘇る。大変光栄であり、かつ楽しみにしております」と期待を寄せ、
「私もドラマの初回放送にあわせて、新作の『ハロー張りネズミ』を発表することにしました」と発表しました!

1980~89年に『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載していた同名漫画に新作が!!
これは楽しみですね♪

ロケ地はどこ?

さて、ロケ地はどこでしょうか?

まず、メイン舞台は下赤塚商店街です。
※下赤塚商店街の住所:東京都板橋区赤塚2丁目

原作の舞台が東京都板橋区下赤塚ということで、原作に合わせて、東武東上線下赤塚駅北口前に広がる下赤塚商店街になったんでしょうね。
3月の後半頃から、下赤塚商店街で瑛太さんや森田剛さん、深田恭子さんらの目撃情報が多発しています。

 

そして、下赤塚商店街の一角にある「まいばすけっと 下赤塚駅前」。
※東京都板橋区赤塚2-10-16

このお店が入っているSIBATATUセンタービルの2階が七瀬五郎(瑛太)、小暮久作(森田剛)、風かほる(山口智子)らが勤めるあかつか探偵事務所になるとのこと!

また、他にも品川区の鮫洲運動公園や大磯駅近くの教会でもロケが行われているようです。

 

主題歌は?

そして、注目の主題歌は?

誰の曲になるか楽しみですね♪

発表され次第、更新しますね!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

花粉症にはヨーグルトが良い?

アーカイブ