プロ野球新人王2017候補予想!資格は?セリーグ本命は濱口遥大!

この記事は2分で読めます

IMG_0610
スポンサードリンク

◾️2017年新人王予想!セ・リーグ編!

中日ドラフト1位柳投手が本命と言われていましたが、右肘痛で離脱し、ブルペンでようやく投げ始めたそうなので、新人王は厳しい状況ですね。
現在のところ、横浜DeNAの濱口遥大投手が最有力で、それに中日・京田陽太選手と広島・床田寛樹投手が続くといわれています。
また、中継ぎでの活躍が期待されているヤクルト星知弥投手や金本知憲監督が絶賛している阪神・小野泰己投手あたりにも十分可能性はあると思います。
佐々木投手と山岡投手の一騎打ちが濃厚なパリーグと違って、セ・リーグは誰が取るか予想が難しいですね。
→プロ野球新人王2017発表はいつ?パリーグ候補は佐々木!田中正義は?

 

🔲本命
IMG_0610
濱口遥大(横浜DeNA)
投手
2016年ドラフト1位
神奈川大出身
大学ナンバー1サウスポーと呼ばれていた。最速151km/hのストレートとチェンジアップが武器。コントロールに課題がある。
→濱口遥大(DeNA)wiki!高校は?チェンジアップを山本昌も高評価!

🔲対抗
京田陽太(中日)
内野手
2016年ドラフト2位
日本大学出身
足が速くて、守備もうまい。森繁和監督は、機動力を重視した野球を目指していますので、俊足の京田選手の出番は多くなることが期待されます。
打撃に課題。規定打席に達して2割5分を打てれば十分。

🔲対抗
床田寛樹(広島)
投手
2016年ドラフト3位
中部学院大出身
広島の先発投手は左投手が少ないので、左投げの床田寛樹投手はローテーションの一角として期待されています。

🔲穴
星知弥(ヤクルト)
投手
2016年ドラフト2位
明治大学出身
最速156km/hのストレートで中継ぎでの活躍が期待されています。

🔲穴
小野泰己(阪神)
投手
2016年ドラフト2位
富士大学出身
最速153km/hのストレートが武器。
秋山投手、青柳投手らとローテーション5、6番手を争う。

プロ野球の場合は1年目の選手に限らず、2年目以降の選手でも新人王の資格を持っている選手がいます。
受賞条件は「入団5年以内の選手で、前年までの出場で投手なら累計30回以内、野手は累計60打席以内」

プロ2年目以降で新人王候補の選手
●岡本和真(巨人)内野手兼外野手 2014年 ドラフト1位
高校通算73本塁打のスラッガー。まだ20歳ですが、昨年結婚して今年にかける。出番を増やすために外野にも挑戦中。

●廣岡大志(ヤクルト)内野手 2015年 ドラフト2位
「山田哲人2世」とも呼ばれる強打の内野手。
サードのレギュラーの川端慎吾選手が椎間板ヘルニアのため開幕絶望で、その代わりとして期待されていたが、自身も不調のため2軍スタート濃厚。

●西川龍馬(広島)内野手 2015年 ドラフト5位
膝の怪我で開幕絶望なのが残念。
→西川龍馬(広島カープ)天才的な打撃!肩は?彼女はかりん?弟は?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 石川歩
  2. スクリーンショット 2017-04-03 22.04.29
  3. 9_wang_pojung
  4. img_0249
  5. C-4xbFeVwAEGBmA
  6. img_0129
  1. この記事へのコメントはありません。

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

花粉症にはヨーグルトが良い?

アーカイブ