博多熊本間の九州新幹線運転再開!豊肥本線・肥薩線・三角線の運行状況は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんばんは!coちゃんママです!

先ほど、JR九州より、23日の正午頃から九州新幹線の博多〜熊本間や三角線の宇土〜三角間の運転を再開する予定との発表がありました!!
img_0_m
九州新幹線は、熊本駅から南に約1・2キロの地点で回送中の車両が脱線。高架橋の亀裂や防音壁などの落下など全線で計約150カ所が損傷し、脱線部分の周囲の地盤が悪いことなどから、運転を見合わせていました。
20160418-00000052-jijp-000-4-view
ちなみに、今日博多駅に行ったところ、この貼り紙が貼ってありました。
※赤の点々が不通区間で黄色の点々が徐行・間引き・運転計画注意。
IMG_1266
アップにしてみます↓↓↓
IMG_1267
博多〜熊本間が運転再開なると、熊本から博多へ避難してこれたり、物資を買いに来れたりしますし、福岡からの熊本へ支援に行きやすくなりますね!
ただ、点検は入念にして頂かないと、怖いですよね。。。

以下、JR九州の発表をまとめておきますね!

九州新幹線は23日から博多~熊本間の運転を再開する予定。
下りが博多11時51分発の熊本行き、上りが熊本11時53分発の博多行きからの再開になる。
再開後も本数を減らしての運転になる。

しかし、線事故が発生した場所を含む熊本~新水俣は、引き続き運転を見合わせる。
(↑ここが運行再開しないと、福岡から鹿児島へは新幹線で行けないってことですよね)

在来線は、三角線が23日の午後から再開の見込み。
大規模な土砂災害が発生した豊肥本線は、引き続き肥後大津~宮地~豊後竹田間の運転を終日見合わせるが、このうち宮地~豊後竹田間はバスによる代行輸送が22日から始まった。既に運転を再開している熊本~肥後大津間は一部の区間で徐行し、列車の遅れが発生する模様だ。

このほか、久大本線は恵良~湯平間で徐行運転を実施。
鹿児島本線も熊本~八代間で一部徐行し、列車の遅れが見込まれる。肥薩線は引き続き八代~吉松間の運転を終日見合わせる。

在来線の特急列車や観光列車は、『いさぶろう・しんぺい』『SL人吉』『九州横断特急』『A列車で行こう』『あそぼーい!』が、終日運転を見合わせる。

JR線以外では、熊本電気鉄道の上熊本~北熊本間が25日に再開の見込み。南阿蘇鉄道は引き続き運転を見合わせている。
国土交通省や鉄道各社局などの発表によると、4月22日20時40分の時点で運転を見合わせているのは以下の通り。

●JR線
JR九州 九州新幹線 博多~熊本~新水俣 194.1km ※博多~熊本間は23日12時頃から再開予定
JR九州 豊肥本線 肥後大津~宮地~豊後竹田 65.4km ※宮地~豊後竹田間で代行バス運転
JR九州 肥薩線 八代~吉松 86.8km
JR九州 三角線 宇土~三角(※全線) 25.6km ※23日午後から再開予定

●私鉄・公営・第三セクター
熊本電気鉄道 菊池線 上熊本~北熊本 3.4km ※25日再開見込み
南阿蘇鉄道 高森線 立野~高森(※全線) 17.7km
※またゴールデンウィークの熊本への交通状況はこちら

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

アーカイブ