2017愛媛桜の開花情報!見ごろや満開時期は?名所と穴場スポットも!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

お花見のおススメスポットをご紹介! 四国編です。
今回は愛媛県。
00635

愛媛(松山)の開花予想3月27日頃、
満開予想は4月7日頃となっています。
平年より少し遅めですね。

 

●松山城(城山公園)

四季を通じて楽しめる松山城ですが、春は桜の名所として、多くの市民や観光客が集まる花見スポットです。

さくらの名所100選にも選ばれており、江戸時代に建てられた天守と桜のコントラストは必見の価値ありです。
毎年4月の第1金・土・日曜日には「お城まつり」が開催されており、特に日曜日の大名・武者行列は名物です。

住所:愛媛県松山市丸之内1
アクセス:
【公共機関】
・JR松山駅から市内電車に乗り約10分「大街道」下車
・松山空港からリムジンバスで約20分「大街道」下車
【車】松山自動車道松山ICから約30分。しまなみ海道今治ICから国道196号経由約60分

 

●すすきヶ原入野公園

四季を通じて憩いの場として親しまれており、桜の名所としても有名です。

すすきヶ原には、約210本のソメイヨシノやヤエザクラがあり、毎年家族連れやグループが花見を楽しんでいます。
開花期間は夜22時までちょうちんが点灯し、昼間とは違う幻想的な夜桜の景色が楽しめます。
住所:愛媛県四国中央市土居町入野174-9

アクセス:
【公共機関】JR予讃線伊予土居駅から徒歩23分
【車】松山自動車道土居ICから10分

●能島

かつて瀬戸内海で君臨した能島村上水軍の居城があった能島は周囲850m、面積1.5ヘクタールの無人島です。

現在も船かくし、けい船などに使ったと見られる柱穴が残っています。
能島の桜は1931年(昭和6年)に宮窪村(当時)の有志により植えられたものです。
島への定期便はありませんが、例年4月上旬の土・日曜に「能島の花見」が行われており、期間中のみ臨時渡船が運航されています。
ちなみに、村上水軍が和田竜さんのベストセラー小説『村上海軍の娘』で話題になったこともあり、村上水軍城(本丸、二之丸、三の丸、東南出丸、吊り橋、鯛崎出丸)などの再現が進行しています。

住所:愛媛県今治市宮窪町宮窪6572
交通アクセス:(宮窪港)西瀬戸自動車道大島北ICから約5分、大島南ICから約10分。
能島への渡船往復料金:大人 500円、子供 250円

 

●西山興隆寺

四国別格二十霊場第10番札所である西山興隆寺。

周囲の山々と溶け込んだ景観が見事なことから「もみじの西山興隆寺」として知られていますが、春には艶やか桜が咲き誇る、穴場的スポットです。
参道の約1kmにわたり、シダレザクラとソメイヨシノが楽しめます。
シダレザクラは「古田のシダレザクラ」と言われる、西条市指定天然記念物です。
なかでも樹高約7mで樹齢約100年とされる巨木は必見です。
住所:愛媛県西条市丹原町古田1657
交通アクセス:
【公共機関】JR壬生川駅からタクシーで約20分
【車】松山自動車道いよ小松ICから約20分

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

花粉症にはヨーグルトが良い?

アーカイブ