WBC2017ドミニカ共和国代表メンバー!注目選手やMVPは?優勝候補!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

まもなく始まるWBC!
ogp

前回の第3回WBCでは、大会史上初の全勝優勝を成し遂げたドミニカ共和国。

今回も招集された選手全員がメジャーリーガーで、優勝候補の筆頭です。
投打に隙がなく、優勝した前回以上の豪華なメンバーとなっています。

WBC出場国が、全てドミニカのように本気のベストメンバーを集めてくれば、もっと盛り上がるのでしょうにね。
現状は各国や球団、個人の思惑があり、なかなかそうならないのは残念です。

ドミニカ共和国は、1次ラウンド C組でカナダ、アメリカ、コロンビアと対戦します。
特に日本時間3/12(日)に行われるアメリカとの試合は、1次ラウンド最大の好カードです。
日本でも放送はあるのかな?

dominican-republic-162281_640

■ドミニカ共和国の過去のWBCの成績
WBC2006 ベスト4
WBC2009 第1ラウンド敗退
WBC2013 優勝

■出場登録選手
・投手
デリン・ベタンセス 1988/03/23 203cm 120kg
サンティアゴ・カシーヤ 1980/07/25 183 cm 95kg
アレックス・コロメ 1988/12/31 188 cm 100kg
ジョニー・クエト 1986/02/15 180cm100kg
サミュエル・デドゥーノ 1983/07/02 191 cm 95kg
ジュンボ・ディアス 1984/02/27 193 cm 126kg
ジュリス・ファミリア 1989/10/10 191 cm 109kg
カルロス・マルティネス 1991/09/21 183 cm 86kg
ヘクター・ネリス 1989/06/14 188 cm 98kg
ウィリー・ペラルタ 1989/05/08 185 cm 116kg
ハンセル・ロブレス 1990/08/13 180 cm 84kg
フェルナンド・ロドニー 1977/03/18 180 cm 104kg
エニー・ロメロ 1991/01/24 191 cm 98kg
エディンソン・ボルケス 1983/07/03 183 cm 100kg

・捕手
ウェリントン・カスティーヨ 1987/04/24 178 cm 100kg
アルベルト・ロザリオ 1987/01/10 178 cm 86kg

・内野手
エイドリアン・ベルトレ 1979/04/07 180 cm 100kg
ロビンソン・カノ 1982/10/22 183 cm 95kg
マニー・マチャド 1992/07/06 191 cm 84kg
ハンリー・ラミレス 1983/12/23 188 cm 107kg
ホセ・レイエス 1983/06/11 183 cm 88kg
カルロス・サンタナ 1986/04/08 180 cm 95kg
ジョナサン・ビヤー 1991/05/02 185 cm 98kg
・外野手
ホセ・バティスタ 1980/10/19 183 cm 93kg
ネルソン・クルーズ 1980/07/01 188 cm 104kg
スターリン・マルテ 1988/10/09 185 cm 86kg
グレゴリー・ポランコ 1991/09/14 196 cm 104kg
メル・ロハス 1990/05/24 188 cm 102kg

■注目選手は?
全員が注目選手!と言ってもいいドミニカ共和国のメンバーですが、あえてあげるとすると、
○ロビンソン・カノ/シアトル・マリナーズ所属
前回大会のMVP選手でもあり、メジャーを代表する二塁手です。
ニューヨークヤンキース時代は松井秀喜とチームメイトでしたから、メジャーリーグに詳しくない人でも、名前ぐらいなら聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

○カルロス・マルティネス/セントルイス・カージナルス所属
先発候補。最速163km/hのストレートを投げ、メジャーの先発の中でも屈指の速球派。
変化球はシンカー、スライダー、チェンジアップを投げます。

○ジョニー・クエト/サンフランシスコ・ジャイアンツ所属
先発候補。野茂のトルネード投法を彷彿させる投球フォームから、チェンジアップ、ツーシーム、カットボール、スライダー、カーブなど多彩な変化球を投げ分けます。
基本は低めにボールを集めて、ゴロを打たすタイプですが、三振もとれて、2014年には最多奪三振も獲得しています。
ランナーがいない場面でもクイックで投げたり、捻る際に身体を小刻みに揺らして溜めを作ったりして、バッターの間合いを外す変則的な投球も行います。
見ていて飽きない投手ですね。

○カルロス・サンタナ
登録は内野手ですが、捕手や外野もできるユーティリティプレイヤーです。
2016年は自身初の30本塁打をマークするなど、今一番脂が乗っている時期にきている強打者ですね。
ドミニカ共和国は、日本とは過去3大会で一度も対戦がなく、今回も決勝ラウンドまで対戦することはありません。
正直、あまり対戦したくないチームですね。
それでも、日本がWBCで優勝するためには避けては通れない相手です。

またMVPはどの選手が選ばれるんでしょうか?!
ドミニカの選手に注目ですね!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

花粉症にはヨーグルトが良い?

アーカイブ