レゴランド(名古屋)入場料や年間パスポートは?場所やアクセスは?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは!coちゃんママです♪
2017年、注目のテーマパーク『レゴランド(LEGOLAND)』について調べてみました!
legoland-japan-yellow_alt

まずは基本的な情報から。

●名前:LEGOLAND®Japan
●オープン:2017年4月1日
●所在地:愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目2−1
●アクセス:
【電車】新幹線名古屋駅からあおなみ線「金城ふ頭駅」すぐ
【車】伊勢湾岸自動車道「名港中央IC」すぐ
●開設:レゴ社
●概要:レゴ社の商品レゴ・ブロックを使ってどんなものができるかという可能性を紹介し、休日を楽しめるようにと企画されたテーマパーク。
●レゴランドがある国:
デンマーク(レゴの本社がある)
イギリス
アメリカ
ドイツ
マレーシア
アラブ首長国連邦

●レゴランド開設予定:
日本(2017年4月1日)
韓国(2017年予定)
中国
figure-scene-pirate

今年、愛知県名古屋で開業するレゴランドですが、日本では以前、千葉県が千葉市美浜区の幕張海浜公園に誘致していたようです。
当初は2002年の開園が予定されていたようですが、不況の影響で出資企業が集まらず、2003年に撤退しています。
まぁ、千葉にはすでに東京ディズニーランドがありますし、レゴランドは千葉以外で正解のような気がしますね。

名古屋での計画は2011年に発表されました。
当初は2016年の開業を予定されていましたが、延期されて2017年4月となったわけです。

規模は、レゴランドとしては最小だそうです。
ただ、2018年にはホテルや、水辺の生き物と触れ合う体験型水族館「シーライフ」も開業する予定になっています。
レゴランド、ホテル、シーライフの3施設が一体となった「レゴランドルリゾート」として運営されるようなので、2018年が本当の完成と言えるかもしれませんね。

個人的に気になるのはホテルです。
海外にあるレゴホテルを見ますと、実にワクワクさせられます。
2016y06m15d_233121741
(レゴホテルbyマレーシア)
まさにレゴの世界って感じです。
日本のホテルも海外のようなレゴホテルになるのでしょうか?
そうであって欲しいし、そうならぜひ泊まってみたいです!

 

さて、今回注目しているレゴランドですが……、

『2歳から12歳の子供と、その家族が1日を思いきり楽しめるテーマパーク』
ということです。
子供の対象年齢が低めの設定になっていますね。
これはレゴ・ブロックで遊んでもらいたい子供、メインターゲットを絞った結果でしょうか。

とは言え、家族が1日楽しめるテーマパークということですから、大人も楽しめるアトラクションもあるのでしょう。

 

テーマの異なる7つのエリアがあるようで、それぞれのエリアにテーマに沿ったレゴの世界を体感できる、冒険型アトラクションが多く揃っているとのことです。

またパーク内では1,700万個のレゴブロックと、10,000のレゴモデルが使用されています。
ものすごい数なのは分かりますが、多過ぎて数字だけ見てもピンときませんね……。
これは実際に足を運んでみないといけません!

オープンまで1カ月以上ありますが、年間パスポートと、1DAYパスポート(2017年4月1日~6月30日分)の販売は、とっくに始まっていたようです。
→公式ホームページ

価格は、
・年間パスポート/おとな(13歳以上):/こども(3歳~12歳):13,300円
・年間パスポート/おとな(13歳以上):17,300円

・1DAYパスポート/こども(3歳~12歳):5,300円
・1DAYパスポート/おとな(13歳以上):6,900円

となっています。
preview-jp
しかも今、年間パスポートを買うと、3月25日(土)~27日(月)のいずれかのプレビューデーに参加できます。
各日、定員に限りがあり、定員に達し次第販売終了となりますので、一足先に楽しみたいという方は、早めの購入してくださいね。

完成したら、私もぜひ遊びに行ってみたいです!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

アーカイブ