君の膵臓をたべたい(キミスイ)あらすじネタバレ!映画キャストは?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

「君の膵臓をたべたい」が実写映画化!「キミスイ」「セカチュー」を超える感動作!

住野よるの小説「君の膵臓をたべたい」が、浜辺美波と北村匠海(DISH//)のダブル主演で2017年夏に実写映画化!

「君の膵臓をたべたい」……タイトルだけを見ると、なんだかホラーを想像させられますね。
けど、実際の内容は全く違って、大人気の青春物語です。
一部では、かつてブームとなった「セカチュー」こと『世界の中心で、愛を叫ぶ』に匹敵する感動作との意見も!

また、この作品は、「キミスイ」の愛称で呼ばれ、2016年本屋大賞第2位にもなっていました。
私も大好きな小説なので、動いている「僕」と「山内桜良」を映画館で見られるのはうれしいです!
この作品はきっと映像化されると思っていました。

原作のあらすじは?

2078327_201609130407667001473760183c

ある日、主人公である「僕」は病院で「共病文庫」というタイトルの1冊の文庫本を拾います。
それは「僕」のクラスメイトである山内桜良 (やまうち さくら) が綴っていた、秘密の日記帳であり、彼女の余命が膵臓の病気により、余命いくばくもないことが記されていていました。

「僕」はその本の中身を興味本位で覗いたことにより、身内以外で唯一桜良の病気を知る人物となる。
「山内桜良の死ぬ前にやりたいこと」に付き合うことにより、「僕」、桜良という正反対の性格の2人が、互いに自分の欠けている部分を持っているそれぞれに憧れを持ち、次第に心を通わせていきながら成長していく。
そして「僕」は「人を認める人間に、人を愛する人間になること」を決意。

また、桜良は恋人や友人を必要としない僕が初めて関わり合いを持ちたい人に選んでくれたことにより、「初めて私自身として必要されている、初めて私が、たった一人の私であると思えた」と感じていく。

映画では、原作にはない12年後の現在も描かれます。
教師として母校に赴任し桜良との日々を回想する「僕」を小栗旬さん、桜良の親友で教師になった「僕」との結婚を控える恭子役で北川景子さんが演じます。

 

映画のキャストは?

2078327_201609130407921001473760183c

「僕」役に選ばれたのは北村匠海さんです。

アイドルグループ・DISH//のリーダーで、今年だけですでに4本の出演映画が公開される注目の俳優です。

「山内桜良」役を浜辺美波さんが担当。
ドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の本間芽衣子(めんま)役などで今注目の女優さんです。

若い二人が、どのように演じるかも楽しみですね。

桜良の親友・恭子(学生時代)を大友花恋、桜良と「僕」のクラスメイト・ガム君こと一晴には矢本悠馬、同じく2人のクラスメイトで、委員長の隆弘には桜田通。

さらに映画オリジナルである現在パートで、桜良の言葉をきっかけに教師になった現在の「僕」役に小栗旬さん。
「僕」(小栗)が、過去を振り返るきっかけとなる教え子・栗山に森下大地。

桜良の親友・恭子を北川景子が演じ、恭子が勤める花屋の同僚には上地雄輔と豪華キャストが揃っています!!

2078327_201609130407829001473760183c

はたして、2004年の実写映画の観客動員数1位となった『世界の中心で、愛をさけぶ』のようなヒットなるか!?

映画「君の膵臓をたべたい」は2017年7月28日(金)公開です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046