キャプテンが38年ぶりに漫画家コージィ城倉で復活!あらすじは?

この記事は2分で読めます

IMG_0519
スポンサードリンク

漫画家・コージィ城倉によって、名作野球漫画『キャプテン』38年ぶり復活

集英社より、野球漫画『キャプテン』38年ぶり続編の連載開始のニュースが発表れました!

1984年に41歳の若さで早世した漫画家・ちばあきお氏による野球漫画の不朽の名作『キャプテン』と、その後を描く『プレイボール』が38年ぶりに復活し、“その後”を描く新連載が4月5日発売の『グランドジャンプ』9号からスタートするそうです!

『キャプテン』&『プレイボール』といえば、知らない人がいないくらいの野球の名作漫画。
まさか、平成の元号が変わるかもしれないと言われるこの時期に、谷口タカオたちと再び会えるなんて、興奮がおさまりません。

IMG_0519
『キャプテン』とは、
『キャプテン』とは、1972年から『月刊少年ジャンプ』に連載された野球漫画です。
墨谷二中を舞台に、魔球などを駆使する当時の野球漫画と一線を画し、等身大のキャラクターが仲間とともに努力しながら成長する過程を描き、スポーツ漫画の新しいスタイルを確立しました。
多くの少年たちから熱く支持され、イチローや新庄や田中将大選手たちも愛読していた漫画です。
79年に連載が終了しています。
80年代にアニメ化、2007年には実写映画化されるなど、時代を超えて愛され続けています。

 

IMG_0520

『プレイボール』とは、『キャプテン』のスピンオフ作品として週刊少年ジャンプに連載された作品です。
『キャプテン』の主人公だった谷口タカオの高校野球での活躍を描きます。
しかし、作者のちばあきおさんが亡くなったために3年春の段階で未完に終わっていました。
今回『グランドジャンプ』で連載されるのは、この続きになります。

●主な登場人物
・谷口タカオ 3年生でキャプテン 三塁手兼投手
努力家の主人公。

・丸井 2年生 二塁手
墨谷二中の時は、谷口の後を継いで墨谷二中のキャプテンを務めた。
谷口を追って墨谷高校を受験するも、不合格になってしまったため、朝日高校という学校に進学し、軟式野球をしていたが、1年生秋に墨谷高校に編入した。

・イガラシ 1年生
墨谷二中の時は丸井の後を継いでキャプテンを務めた。小柄な体格ながら、青葉の監督をして化け物と言わしめる体力と、ポジションは一通りどこでもやってきたという優れた野球センスを併せ持ったプレイヤー

今回、ちばあきお氏に代わって連載を担当するのはコージィ城倉氏です。
IMG_0521
名前:コージィ城倉氏
生年月日:1963年
出身:長野県
1989年漫画家デビュー。
代表作は『砂漠の野球部』(小学館)、『おれはキャプテン』(講談社)など。
漫画原作者(「森高夕次」名義)としても活躍しており、『グラゼニ』(講談社)『江川と西本』(小学館)などのヒット作を手掛けています。
●続編のあらすじ
「高校3年生になった谷口、高校最後の夏の戦いが始まる。墨谷二中で彼の後を継いでキャプテンを務めた丸井、イガラシらとともに、甲子園を目指して猛特訓開始ー!!」

正直、38年ぶりの連載再開で、しかも、作者が別の人ということで、世界観が変わってしまわないかなどの不安もあります。
それでも、コージィ城倉さんが
「新機軸は打ち出しません。コンセプトは『何も足さない。何も引かない』。ちばあきお先生が生きていたらおそらくこんなカンジで描いたのではないだろうか…というテイストを“再現”してみたい」
と語っているので、とりあえず安心かな?

果たして、谷口タカオたちのいる墨谷高校は甲子園に行けるのか!?

これは、連載再開までに「キャプテン」と「プレイボール」をもう一度読み返さなければ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 931_filea_743a76e0e7554442ff52d1067f8e9e1e
  2. aa3b3f40ae2b2a08dde325d8e2115400
  3. th_img_107785_2
  4. slide-013
  5. news_xlarge_buratamori0430
  6. oka-san_newcast2017_1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

花粉症にはヨーグルトが良い?

アーカイブ