光のお父さんドラマ書籍化!キャストやあらすじや感想!FF初実写!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

なんとも変わりダネの新ドラマが、2017年4月にスタートします!

その名も、『ファイナルファンタジーXIV〜光のお父さん〜』
592975
人気テレビゲーム『ファイナルファンタジーシリーズ』を題材にした作品で、シリーズでは初の実写ドラマ化となるそうです。
もっとも、これをシリーズの実写ドラマ化、と言ってよいのか疑問なところではありますが……(汗
元々はブログ「一撃確殺SS日記」にて連載していた、ブログ日記『光のお父さん』というものです。

ゲーム好きの父に、自分がやっていたオンラインゲームの『ファイナルファンタジーXIV』(FF14)で親孝行したいというブログ日記なのですが、累計300万アクセスという人気を呼び、書籍化もされています。
※3月中旬発売予定で、総288ページ予定、全ページフルカラーだそうです。

随分と前ですが、『電車男』が流行りましたよね。
ドアラマ化の経緯としては、それに近いように思います。

タイトルは、『ファイナルファンタジー』における主人公4人が「光の4戦士」と呼ばれていたことから、父親を「光の戦士=光のお父さん」と命名されているようです。

●あらすじ
ネット上のゲーム仲間たちと共に、MMORPGゲーム「ファイナルファンタジーXIV」を楽しんでいる、ゲーム好きの青年であるハンドルネーム・マイディー。

彼はある日、母親から「PlayStation 4」をプレゼントされた60歳になるゲーム好きの父親のために、自分もやっているFF14をプレゼントしようと思いつく。これまで父親のことが嫌いという訳ではなかったが、仕事ばかりの父親とは特に仲が良いわけではなかったマイディーは、ゲームという共通の趣味を持つ父親に、ささやかな親孝行をしようと考えたのだ。

それは、FF14をプレイする父親のキャラクターに、あえて息子であることを隠してフレンド登録して共に冒険を続け、現実とオンライン上を行き来しながら父親のゲーム攻略をサポートし、攻略終盤のボス戦を倒した後に正体を明かそうという、数ヶ月がかりの壮大なオンライン育成プロジェクトであった。

自分のフレンド達にも協力を求め、ブログ上でもリアルタイムに実況をしながら、様々な困難を乗り越えて、父親をファイナルファンタジー世界における勇者『光の戦士』へと鍛え上げていく「光のお父さん計画」が、いま始まるのであった。

C3OTVv7UoAEKxLU
●登場人物:キャスト
・稲葉 光生(いなば あきお):千葉雄大
原作では「僕」と呼ばれているが、ドラマ化に当たって名前が付けられた。「マイディー」のキャラクター名を使用している。
・光のお父さん / 稲葉 博太郎(いなば ひろたろう): 大杉漣
60歳を超えてから「ファイナルファンタジーXIV」に夢中になる。

ネットでの反応や感想は?

●放送予定
放送開始日:TBS、4月18日(MBSだと16日)
放送時間:TBS、火曜25時28分(MBSだと日曜25時5分)
まだ公式サイトもオープンしておらず、未発表の部分も多いですね。
おそらく追加キャストなどもあると思います。
かつての『電車男』のようなブームを起こすことができるのか!?
楽しみに待ちたいです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

花粉症にはヨーグルトが良い?

アーカイブ