清水富美加出家引退で違約金!笑う招き猫代役は?映画公開中止?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

人気女優の清水富美加さん(22)が芸能界を引退する意思を固めたことが発表されました。
宗教団体「幸福の科学」の信者であることを所属事務所「レプロエンタテインメント」に明かし、「仕事をやめて、幸福の科学に出家します」と話したそうです。
simizufumika

清水さんは4日生放送のフジテレビ系「にじいろジーン」を最後に、体調不良を理由に仕事をすべてキャンセルしていて、事務所は本人と連絡が取れない状況。
この日、事務所公認のツイッターが削除され、清水さんは個人アカウントを新設し、突然の宣言で契約トラブルも浮上しているようです。

個人アカウントのツイッターでは、
「色々ありましたし、色々あります。100%本人で自由に、ね」「自分の真実くらい、自分で語らせて下さい」などと書き込んでいます。
C4beztjVYAETGJt.jpg-large

 

急な引退にビックリですね!
何があったんでしょうか?
清水さん、最近いろんな番組に出ていて活躍中でしたよね!!

これから3本の映画の公開も控えているようですよ。
「暗黒女子」(4月1日公開)、「笑う招き猫」(4月29日公開)、「東京喰種」(7月29日公開)

さらに、現在、撮影中の映画もあって、
今月18、25日放送のNHKBSプレミアム「龍の歯医者」で声優も担当。
さらに「コスモ石油」「ニベア花王」の2社とCM契約中。

多くの仕事を残したままの「出家宣言」で、絶対違約金が発生しちゃいますよね。
一説には10億円という話も!!
なぜ、このタイミングだったんでしょうか。。。

個人的には、3月21日にスタート予定のTBS系でドラマ版の「笑う招き猫」が楽しみだったんですが、どうなっちゃうんだろう。。。
20170130104959

映画・ドラマ「笑う招き猫(わらまね)」
清水富美加と松井玲奈が漫才師役に挑戦!

あらすじは、

ドラマ版はTBSで2017年3月21日の25時から、映画版が4月29日より公開予定。

お笑いの世界でのし上がっていくのはビジネスで億万長者を目指すように厳しい。

お笑いコンビを結成して5年目になった高城ヒトミ(清水富美加)と本田アカコ(松井玲奈)は小劇場で漫才をこなしていた。

常連客に向けていつもの漫才を披露する日々。

彼氏もお金もない2人はそれでも笑いが欲しくて漫才師を頑張っていた。

ある日、ヒトミとアカコはネタ合わせをしている河川敷で自動車窃盗犯を捕まえる。

それをきっかけにバラエティ番組に初出演、売れる兆しが見えてきた。

しかし、事件が発生して2人の漫才生活は危機に陥る。
640-34-640x427
映画の方は撮り終わっていると思いますが、ドラマはどうなってしまうのでしょうか?
代役は誰になるんでしょうか。。。

分かり次第アップしますね!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

アーカイブ