佐賀城下ひなまつり2017日程や会場の地図!アクセスや料金も!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

佐賀に春の訪れを告げる“佐賀城下ひなまつり”の季節が、今年もやってきました~。
今年で17回目を迎えるそうです。
2017_hinamatsuri_700x450

開催期間は、平成29年2月11日(土)~3月31日(金)まで。
開催時間は、午前10時~午後5時。(通常の開館時間と異なります)
主な会場は、徴古館、佐賀市歴史民俗館 (旧古賀銀行、旧古賀家、旧三省銀行、旧福田家)等、となっています。

この期間、佐賀のまちなかのあちらこちらで、多彩なお雛さまがお出迎えしてくれますが、ここでは絶対に訪れるべきスポットをご紹介します。

p19duah8pc1tnravi162t1sgc1ec05
まずは、
①徴古館。
長さが6メートルと5メートルという、2つの大雛段飾りは見ごたえ十分です。
そこに並ぶのは、佐賀藩主だった鍋島家のお屋敷で、実際に飾られていた雛人形・雛道具、約500点です。
鍋島家は明治時代には侯爵となったのですが、明治~昭和初期にかけての歴代ご婦人が愛しんだ雛飾りは、大名家・侯爵家にふさわしい豪華さと品格を兼ね備えています。
しかも今年は、鍋島家伝来の香道具の数々まで、ひなまつり期間としては初めて特別陳列されるんです。

また同会場では、お抹茶をいただける『お抹茶席』(有料)や、箏の演奏が聴ける『お箏の音色』(無料)と言ったイベントも行われていますので、合わせて楽しむことができますよ。

続いては、
②旧古賀家(佐賀市歴史民俗館)。
明治期上流階級の邸宅で、佐賀市重要文化財の指定を受けている「旧古賀家」。
ここでは、愛らしい「鍋島小紋のお雛さま」を見ることができます。
「鍋島小紋」というのは、胡麻の殻の断面を図案化した、佐賀藩の裃の文様です。
幕藩体制の終焉とともに忘れ去られてしまったそうですが、人形作家・福岡伊佐美さんの手によって、「鍋島小紋のお雛さま」として復活しました。

今年のテーマは「花咲く雛たち」とのこと。
どんなお雛さま飾られているのか、ぜひ会場でお確かめを。

こちらの会場でも、佐賀市文化連盟による生け花の演出をはじめ、週末を中心に琴の演奏や離れの茶室での呈茶サービス(有料)が実施されるようです。

最後に、
③旧福田家(佐賀市歴史民俗館)です。
大正期の近代和風住宅の姿が、大変良い状態で残っているのが特徴の『旧福田家』。
こちらでは、「佐賀錦のひなまつり」と称して、伝統工芸手織り佐賀錦をまとったお雛さまが展示されています。
伝統工芸手織り佐賀錦は、経糸(たていと)に金銀漆などで加工し、細く断裁した和紙を用いて、緯糸(よこいと)には色鮮やかに染色した専用の絹糸を用いています。
そのため、他とは違う絢爛豪華な雛人形となっています。

今年のテーマは「源氏物語」。
美しい人形と幻想的な物語の世界が楽しめそうです。

この他にも、佐賀市歴史民俗館では旧古賀銀行、旧三省銀行で展示イベントが行われています。
また町に出れば、様々な会場で、色んな催しが行われるようです。
ここで紹介した会場へのアクセスと地図

p1b5ol4bho7qace51fmk1skeqne4
①『徴古館』
・車の場合
佐賀大和ICから佐賀市街方面へ、約20分。
(国立病院前交差点付近から誘導看板有り)
有料駐車場有(観覧車は1時間無料)
・バスの場合
佐賀駅バスセンターから佐嘉神社方面行きバスで、約10分。
「佐嘉神社前」下車、徒歩すぐ。

②③『佐賀市歴史民俗館 (旧古賀銀行、旧古賀家、旧三省銀行、旧福田家)』
・車の場合
佐賀大和ICから佐賀市街方面へ、約20分。
(国立病院前交差点付近から誘導看板有り)
無料駐車場有(約60台分。但し、使用できない日程もあり)
・バスの場合
佐賀駅バスセンターから佐賀大学・西与賀(または東与賀)方面行きバスで、約5分。
「呉服元町」下車、徒歩2分。

 

ちなみに、佐賀城下ひなまつり開催中は、土・日・祝日限定で、会場周辺を周遊する『ひなまつり周遊バス』が出ています。
町中をもれなく楽しみたい方にはおススメです。
運行期間:2月11日(土)~3月31日(金)
運行時間:午前10時~午後5時
料金:1乗車……150円(小学生80円)
それから、徴古館、佐賀市歴史民俗館 (旧古賀銀行、旧古賀家、旧三省銀行、旧福田家)は入館料がかかります。
佐賀城下ひなまつりのすべての有料館に入れる、
・前売共通入場券……550円
がお得なようです。
※平成29年2月10日(金)まで販売。
販売箇所は、徴古館・佐賀市歴史民俗館・佐賀市役所(観光振興課)・佐賀市観光協会・佐賀市観光案内所(JR佐賀駅構内)ほか、です。

もちろん、当日券もあります。
・共通券……600円
・徴古館券……300円
・佐賀市歴史民俗館券……400円
※小学生以下、入場無料
佐賀の歴史と文化も合わせて楽しむことができる“佐賀城下ひなまつり”。
上質で雅やかな美のひとときを堪能しに、出かけてみてはいかがですか?
お気に入りのお雛さまが、見つかるかもしれませんよ~♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

花粉症にはヨーグルトが良い?

アーカイブ