杏と東出愛用の乳母車プスプスは双子にオススメ!値段や評判は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは!coちゃんママです♪

杏さんと東出昌大さんが愛用しているベビーカーが話題になっています。
ux1lsxvsqdfbpqd_oij9m_187
2人が双子ちゃんのために選んだベビーカーは、
「東京乳母車」というメーカーが製造する「プスプス」という乳母車だそうです。

 

 

東京乳母車??
プスプス??

全く聞いたことありません!!
ベビーカーじゃなくて乳母車なんて渋いですね!!

うちはエアバギーを使っていますが、プスプスってどんなのだろ。。。

気になるので早速調べてみますっ!!
東京乳母車は1994年4月に設立され、今年(2015年)で21年目になる乳母車の会社です。
story14

こちらがスタンダードタイプのようです。本体(台車+バスケット+敷マット) 90,720円(税込)
order-standardset

 

東京乳母車のホームページによると、
プスプスは、寝る、座る、立つ、の3つの状態で、赤ちゃんの気持ちを考えたベビーカーのようです。

●寝る
赤ちゃんにとって、籐(とう)バスケットは安全で、この上なく居心地の良い空間。
手足を「うーん」と伸びをして寝ることができます。
お散歩から帰って寝入っていたら、そのままそっと室内へ。

●座る
赤ちゃんがお座りができるようになるとバスケットの中で遊べます。
おもちゃを入れて動く子供部屋。家の中からそのまま外へ出ることができます。
対面式でいつも顔が見えるからママも赤ちゃんも安心。2人乗りもでき、兄弟や双子用に大評判です。

●立つ
つかまり立ちをするようになったら安全枠を付けて楽しくお散歩。
「乗せて乗せて」とせがむほど。
つかまり立ち運動は発育を促進し、バランス感覚が養われます。
路面の照り返しや排気ガスにさらされることもありません。

 

また、バスケットと台車は、「セパレート式」で、分割して車に積むことができるようです。
バスケットは、小さな子供部屋となり、赤ちゃんはその中で楽しく過ごせるとのこと!!

なるほど!!なんか良さそう!!
バスケットの部分が取り外しができて、お部屋でも使えるっていいですよね。
ベビーベット代わりにも使えますもんね♪

ちなみに杏さんと東出さんの使っているタイプは、「ブラックシリーズ」というワンランク上のもの。
black-gold
通常より車高が高いそうです。
プスプス ブラックシリーズ(本体+幌)で税込133,920円。
色々オプションをつけると、15万円以上になるようです。

車輪がゴールドメタリックでめっちゃおしゃれ!!
また幌が色々選べるのがかわいいーー♡
black-2

レインカバーも別売りですが、ありましたよ♪
raincover

通常のベビーカーよりスペースが広いので、双子ちゃんを持つ家庭で評判になっているようです。
確かに双子ちゃん用のベビーカー選びって難しそう!
通常の横に二つ席が並ぶ双子ちゃん用のベビーカーって狭い道などを歩くとき大変そうですもんね。
これだったらいいのもね♪

 

ちなみに、「プスプス」(pousse-pousse)はフランス語で「押すもの→乳母車」という意味だそうです。
top1
見た目も可愛くて、機能性も良さそう!!
このピンクの可愛いなー♡

開発の想いもかなり熱いものがあるようです!!
気になった方は是非ホームページをチェックです。
→東京乳母車

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046