井手口陽介の嫁と子供が可愛い!怪物的プレースタイルは母のおかげ!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

■追記(2017年8月31日)

サッカーの日本代表が31日、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会出場を決めた。
埼玉スタジアムで行われたアジア最終予選B組第9戦でオーストラリアに2-0で快勝。
1試合を残して同組1位を確定させ、6大会連続6度目となるW杯出場権を獲得。

日本は前半41分、浅野(シュツットガルト)がゴールを決め、先制。
集中した守りで失点を許さず、終盤、チーム最年少の21歳、井手口(G大阪)がミドルシュートを決め、決定的な2点目を挙げた。

 

こんにちは!coちゃんママです♪

11月15日に開催されるワールドカップ最終予選。
それに先立って11日にオマーンと親善試合が行われます。

 

その日本代表メンバーに初召集された、注目の選手!
井手口陽介選手について書きたいと思います♪

img_0174

名前:井手口陽介(いでぐち ようすけ)
所属:ガンバ大阪
出身地:福岡県福岡市
生年月日:1996年8月23日
身長:171センチ
体重:71キロ
血液型:O型
小学生の時は中央FC、ストリートSC、油山カメリアーズに所属し、
同時にアビスパ福岡スーパースクールに通っていました。

 

転機は、小学1年の時!!
福岡の下部組織に所属していた5つ上の兄、稔さんが、
全国大会へ出場したことでした。
img_0173
※↑ちなみにお兄さんは元横浜FC所属で
現在、ベトナムでプレーをしています。

 

それまで九州から出たことがなかった
井手口一家は、全国レベルの高さを知りました。

母・亜紀子さんは、その時、「サッカーをするなら九州から出た方がいい。私が陽介の可能性を広げたい」

と感じたといいます。

そこからが、井手口選手のお母さんが凄いところで、
「プロのジュニアユースに入れば、遠征費もかかる」と考え、
日本中で仕事ができる介護士の資格を取り、大阪へ渡る2、3年前からは福岡で働き始めました。

 

6年間、いつか大舞台で活躍する息子の姿を思い浮かべながら、
ひっそりと準備を進め、井手口選手が小学六年生の時、

「ガンバ大阪のセレクション(入団テスト)受ける?」と尋ねます。

そして、見事ガンバ大阪ジュニアユースに合格した井手口選手と2人大阪に移りました。

それから、井手口選手は母の想いを裏切らない活躍を見せます。

img_0176

しかし、
G大阪ユースに所属した高校2年の時、学校に遅刻したり、実家のドアを殴って穴を開けるなど私生活で荒れた時期があったようです。

やけになってサッカーをやめようとした時、当時J2横浜FCでプレーしていた兄正昭さんから1通のメールが届きました。

「サッカーやめるなよ」。

プロになっていた正昭さんは「弟には未来があると分かっていた。だから諦めて欲しくなかったそうです。

同じころ、いつも「サッカーを人一倍頑張れ」と応援してくれていた母亜紀子さんが大病を患った。
母から電話で病気を告げられ、目が覚めた。

「迷惑掛けすぎたと思ったし、自分が早くプロになって恩返ししたい」。

家族の思いに応えるため、プロで、世界で、羽ばたくと決めました。

その後、高校3年生の(2014年)の時についにトップチームへ飛び級昇格します。

これは、宇佐美選手以来5人目の飛び級での昇格になります。


そして、高校3年生の2015年4月16日、ナビスコカップ鳥栖戦で公式戦デビューJリーグデビューすると、
下部組織の先輩FW宇佐美選手が、井手口選手のことを「怪物」と驚くほどの実力を見せます。

img_0177

井手口選手の身体能力は桁外れに高いらしく、
最大の持ち味は「今まであまり緊張とかしたことがない」
と言うメンタル面の強さ。

プレースタイルはボランチ(守備的ハーフ)ですが、
積極的に攻撃もこなすユーティリティープレーヤーです!

 

メンタルの強さと並外れたスタミナでピッチの広範囲をカバーしています!

また2016年8月にはリオデジャネイロ五輪に日本最年少で出場しました。

オリンピックのサッカーはオーバーエイジを除けば、
23歳までの選手が出場できる規定になっているので、
当然、23歳の選手が多く選ばれることになります。

その中で一人だけ19歳で選ばれた井手口陽介選手だったのです!!
これはすごいことですよね!!!

img_0179

そんな井手口選手のプライベートはというと、
結婚もされていて、娘さんもいらっしゃいます。

2016年6月19日に中学生時代の同級生である一般女性との入籍と、
同年6月17日に長女・愛希(ひなの)ちゃんが誕生したことを発表しました。

奥さんも娘さんもとってもかわいいらしいです♡
家族のことを思うとさらに頑張れそうですよね!!

ちなみに奥さんの名前は大野夏海(なつみ)さんという情報も!

また一部で奥さんの夏海さんががんであるという噂が、流れているようなんですが、
これは夏海さんの母親のことだ思います。

2人が付き合ってすぐに、夏海さんのお母さんが、膵臓がんを患ってしまい、余命半年と宣告されたようです。

また、その2年前には、夏海さんのお父さんもがんで、亡くなっているとの情報もあります。
辛いですね。。。

そこで、井手口選手は夏海さんのお母さんに花嫁姿を見せてあげたいとの想いもあり、プロポーズし、若くして結婚を決めたようです。
その半年後、2016年3月に夏海さんのお母さんは亡くなられたそうです。

お母さんが亡くなったことは残念ですが、井手口選手と娘が結婚したということは安心されたでしょうね。
井手口選手、とても男らしいですね!!

今、井手口選手には支えてくれる家族もいますし、将来は本田や香川選手のように海外で活躍する可能性も大です!!

11月11日のキリンチャレンジカップのオマーン戦と
15日のワールドカップ(W杯)アジア最終予選・サウジアラビア戦は要注目!!

井手口選手の活躍に期待しましょう!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

アーカイブ