博多駅前道路陥没の原因は地下鉄?場所や被害や施工業者は?復旧はいつ?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

11月8日朝5時過ぎに博多駅前の道路が陥没してしまう事故が発生!

8日午前5時15分ごろ、福岡市博多区の博多駅前の市道「はかた駅前通り」で縦横15メートル、深さ15メートルにわたり陥没

陥没した道路の地下では、地下鉄七隈線の延伸工事中。7日にも作業が行われ、地下水が出ているとの情報があった

その陥没の原因が地下鉄の工事にある可能性が出てきました!

陥没した道路の地下では、以前から福岡市地下鉄七隈線の延伸工事が行われていました。

最初は、陥没箇所は最初2箇所だったんですが、徐々に大きくなり、現在はその2つがくっついて大きな一つの穴になっています!

それが延伸工事中の地下鉄の上下線にあたるようです。

この七隈線は、福岡県福岡市中央区渡辺通五丁目の「天神南駅」から、陥没現場近くの「博多駅」までの区間を現在建設中。2020年の開業予定。

少し前の映像。

今はさらに穴は大きくなっています!

ケガ人がいなくて本当に良かった!!

でも、この穴は本当にびっくりです!!

今後この道を通るのが怖い‥

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

アーカイブ