液体ミルクの安全性やデメリット!添加物や値段や味は?評判も!

この記事は5分で読めます

スポンサードリンク

こんばんは!coちゃんママです♪

ママたちが今、注目している【液体ミルク】
img_0052
小池都知事が衆院議員時代から液体ミルクの問題に取り組み、熊本地震の時には、フィンランドの液体ミルクを被災地に届けて話題になりました。
水が出なくてもそのまま飲める液体ミルクは現場で重宝されたようです!!
確かに便利そうですよね!!

しかーし!!
こんなに便利そうなのに、液体ミルクは、海外では普及しているものの日本ではまだ販売されていません。

 

 

国内では食品衛生法や安全性、さらにメーカーが「需要を見通せない」として、これまで販売されていなかったようですが、解禁に向けての議論が本年度中にも始まる予定です。
では、液体ミルクって一体どんなものなのか?
正直、coちゃんママも液体ミルクをってどんなものなのか分かりませんし、解禁したら子供に与えるか?というと
まだ与えて大丈夫なのかな?という気持ちがあります。

そこで!!

本当に安全なの?
成分は?
メリットやデメリットは?

などなどチェックしたいと思います。

まず、液体ミルクとは、
紙パックまたはペットボトルに入っていて、開封すればすぐに赤ちゃんに飲ませることが出来る、乳児用のミルクです。
常温で保管することができ、密封されているため衛生的な上に、哺乳瓶を消毒したり作ったミルクを冷ましたりする手間も必要ないのです。

img_0053

液体ミルクには様々なタイプの商品ありますが、商品の種類によっては容器にそのまま付属の乳首をつけるだけのものもあります。
これは調乳器具の消毒が必要ありません!

 

また長期の保存も可能ということなので、熊本のような地震が起こったときは、水も電気もガスも使えなくなりますので、液体ミルクをがあると助かりますよね。

災害時には安心できる水が調達できない、水があってもお湯を作れない、ミネラルウォーターは買い占められる、母親が被災して母乳をあげられる状況にない、哺乳瓶がない、哺乳瓶が洗えないといった状況になります。

そんな赤ちゃんに粉ミルクや母乳を飲ませられないとき、お湯が必要でなく哺乳瓶を煮沸消毒する必要もない液体ミルクは、ミルクしか飲まない新生児、乳児にとって命綱になります!

また、慌てて外出しなければならない時や荷物を減らして外出したいときも、液体ミルクをバッグに入れるだけですので、準備も楽!!

ママたちなら体験したことがあると思いますが、粉ミルクの場合は、粉ミルクのスティックや、消毒済みの哺乳瓶やお湯入りの水筒など荷物が多くなってしまいます。

また、泣いたらすぐにミルクをあげることができるのも嬉しいですね。
粉ミルクだと、泣き叫んでいても、作る手間がかかっちゃいますからね。。。
また外出先でもパパも気軽にミルクをあげることができます。

しかし、このパパが楽になるという点については、

「粉ミルクを男性が作るのは大変だから認可するけど、女性が作るのは当たり前だから認可されなかったということ?」

「液体ミルク。解禁されたら楽になって嬉しいけど、解禁理由の主軸が男性が育児に参加しやすいように~なのがモヤモヤ ~。母親が楽になるようにじゃないんだねぇ…」

など、怒りの声も方々から噴出しているそうです!!

個人的にはパパもママも楽になるんだから良いんじゃない?!って思いますけど、
こういう意見も出てきちゃうんですね。。。
ママが体調が悪いときだって、パパがすぐにミルクをあげることができます♪

 

あ!!冬の寒い夜中とかも助かりますね!
ママとパパでどっちが作りにいくんだよーっていうケンカもなくなるかな!
(だいだいママが作りにいかなきゃいけないしね!!)

img_0057

メリットをまとめると。。。
●手間がかからない
●長期、常温の保存ができる
●災害時に役に立つと
●外出先でもでも楽
●パパも簡単にあげられる

逆にデメリットはというと。。。
とにかく「高い」ということ!
2016年10月20日現在においては、Amazonで買える液体ミルク「Aptamil(アプタミル)」は、200mlの30本入りで2万4000円以上します。

img_0054

商品紹介
Aptamilはベビーミルクメーカーとして50年以上の歴史を持つスイスのメーカーでダノングループです。
外出時に活躍するのはもちろん、最近では防災グッズとして買われる方も急増
粉ミルクを作るにも、哺乳瓶を洗うにも多量の水が必要で、親が思う以上に水が必要になります。そんなとき液体ミルクがあれば、水は不要で簡単便利。

製品について
200ml x 30個
超高温滅菌(UHT)処理済み
賞味期限:常温保存で約半年

例えば1回200ml飲む子が1日5回も飲んでしまったら、6日でなくなってしまいます。。。
2万4000円で6日分しかないとなると、これは日常的に使うのは難しいですよね。
だって1日4000円で、1ヶ月だと12万円にもなってしまいますから!!
せめて、お出掛けのときだけ、という風になりそうですね。

しかし、今までは、国内では食品衛生法や安全性、さらにメーカーが「需要を見通せない」としていることから販売されていませんでしたが、国内での製造が始まると値段も安くなっていくことでしょう!

 

また、一番重要な安全性についてですが、海外液体ミルクの成分については、Similac(シミラック)というブランドの製品には水、脱脂乳、大豆油、乳糖などが含まれています。

img_0058
ちなみにシミラック社の液体ミルクの賞味期限は常温で1年です。
添加物については、日本で使用されてない亜セレン酸ナトリウムというものが入っている製品があるそうですが、海外でも同じ赤ちゃんが使用するものなので、何か問題があればすでに販売禁止になっているでしょう。

 

安全性については、粉ミルクより高いと言われています!!
また、衛生面でも無菌状態で製造、個包装されていて安心。→無菌重鎮法という特別な製法
粉ミルクの場合は、使う水道水の水質や哺乳瓶の消毒の仕方によっても衛生面は良いとは言えなかったりしますが、海外製の液体ミルクは、水の腐敗防止のため滅菌水を使っていたりするようですし、哺乳瓶などを消毒する必要もありませんので、安全性と衛生面に関してはかなり高いと言えそうです。

詳しくは、添加物や原材料について、日本製の粉ミルクと比較してくださっている方がいましたので、
こちらをご覧ください。

液体ミルクのメーカーも海外にはいろいろあるんですね!
日本って本当に遅れてますよね。。。img_0056
解禁に向けて議論が進むことに対し、ツイッターには、

「液体ミルクが国内で製造・販売に進むのは本当に嬉しい」

「よかった! やっと解禁ですね。ずっと運動されている方が何人かいましたが、震災時などの非常時はもちろん、町中のコンビにで液体ミルクが買えれば、育児はまったく違ったものになるかもしれない」

「そういや液体ミルク解禁になりそうなの良かった、使うか使わないかは別として選択肢としてあると有難いよね~」

と、喜びの声があがっており、メーカーが不安視している需要の問題は、心配ないように思われます。

 

また、実際に購入した方のクチコミは、
「予定より早く届きびっくりしました。
お出かけ用に買ったのはいいけど、結局乳首が付属していないので、別売りでもあれば良かったです。
ちょっとしたお出かけでいるかいらないかわからない時の為に身軽に持参するには便利です。」

「旅行時にミルク用の水もお湯もいらず便利です。飛行機にも持っていけました。ただ、温めるためのお湯や容器がいります。」

「防災用に購入しました。日本でもこう言った便利なものを
メーカーが作ってくれないかといつも思います。」

「海外からの直接配送でしたが予定よりも早く届いたのでよかった。
届いたのは4月29日、しかし期限が10月14日と約5ヶ月程と予定していたより大分短い期限だったので星3つ。
(他のサイトのレビュー等を見ると製造年月日から、約1年となっている。)
日本で販売が無いので、長期保存を考えるともう少し期限が長い商品が届いていたら星5つでした。」

「とても役立っています。
これが使えなかったらと思うとゾッとしますね。
個人輸入扱いですからかなり割高にはなってしまいますが、お出かけ時などには欠かせません。」

しかし、こういう意見もありました!!

「最悪です。
商品が届き箱を開けたらカビがびっしり生えてました。
カスタマーセンターの対応も最悪。都合悪いと、メール受信拒否されます。
きったないカビだらけの商品も、返品して確認せず、自分で破棄して下さいと言われましたよ。ありえない。何もかも最悪。
液体ミルクは買わない方が良いです。」
これはちょっと怖いですね。。。
カビが生えてたなんて!!ありえないでしょう!!

こういう意見を聞くとちょっと子供に飲ませるのは抵抗がありますね。
やはり早く国内での安心安全の液体ミルクを作って欲しい!!!

 

味は普通のミルクで甘くて美味しいとの意見が!
img_0059
オーガニックのものなどいろんなメーカーがあるようなので、それによって若干味は違うでしょうね!

政府は2017年度以降、業界団体に安全確認の試験実施を求め、必要なデータなどがそろえば、食品衛生法に関する厚生労働省令など関連規定を改正する方針だそうです。
ということで、解禁は2017年以降となりそうですが、早く解禁となり、また値段の方も買いやすい価格にして欲しいです!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046