ちはやふるの名言・名台詞に触れて映画漫画カルタにハマる!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

IMG_6942
映画公開で改めて人気上昇中のカルタ漫画「ちはやふる」

主演の広瀬すずさんの千早には、
原作ファンとしては、
配役発表時に違和感がないわけではなかったですが、
さすが若いながらも名女優!

しっかりと千早を演じてらっしゃいます(^^)

現在は上の句公開中で、
下の句公開が待ち遠しいですが、
そんな時にはちはやふるの原作を読んで、
待つしかないわけです。

何しろちはやふるという漫画は、
単行本一巻一巻に大テーマを感じさせる構成になっていて、
象徴的なシーンにおいては、
ストーリーと、
登場人物の心理描写と、
百人一首をうまく絡ませて描く美しさと、
心にずしりと響く名言、名台詞がたくさん出てきます。

 

正々堂々とやって負けて
かっこわるいことあるかー

 
青春全部懸けたって強くなれない?
懸けてから言いなさい

 
きついけどやってんだ
負けるけどやってんだ
だって勝ったとき、どんだけうれしいか

 

泣くな おれはまだ泣いていいほど懸けてない
悔しいだけでいい

 

「かるたなんて」って言って通り過ぎないでよかった

 
変わっていける きっと

身体だけじゃなくて 心だけじゃなくて

 
やりたいことを思いっきりやるためには
やりたくないことも思いっきりやんなきゃいけないんだ

 
何かを大好きになってほしい
自分を大好きになってほしい

 

師を持たない人間は 誰の師にもなれんのだ

 

憧れを消すことなんかない

 

男が女に選ばれてどうすんだって思う
おれは選んでがんばるんだ

 

「伝える」「伝わる」はルールの向こうにある

 

一生懸命は楽しいぞ

 

だってとでもは禁止する

 

本当に高いプライドは人を地道にさせる 目線を上げたまま

 

愛嬌というのは自分より強い者を倒すやわらかい武器である

 

鍛えてある 才能と戦う覚悟がある

 

「これ」と決めた道で知らない方がいいことなんて一つもないわよ

 

「がんばった」も
「きつかった」も風のように流れていってしまう
「結果」は石なんだ
「がんばった」を留めておいてくれる石

 

ちがうんだ ちがうんだ
負けたのはおれが弱いからなんだ
弱いってことを認められない 自分だからなんだ

 

自分じゃなくなりたい
でも自分になりたい

 

「才能」なんて言うけどさ
おれはたんに
「火が起こるまでの早さ」だと思ってる
「才能」があるやつは火がつくまでが早い
でもそれだけ
火の強さや
燃え続けられる時間を保証はしない

 

いいかおまえら
青春は何度でも来る
何度でも来るから
何度でもがんばれよ

 

自分を信じてる

 

本物になりたい

 

いやー、いいですね。
魂が歓喜しますね。

この漫画には、
天才と、そうでない人が出てきて、
そうでない人が天才に敵わないかというと、
そうでもなくて、
努力すること、仲間の大切さを気づかせてくれる、
少年漫画のような少女漫画です。

いつかcoちゃんが大きくなったら、
一緒に読みたいなぁ(^^)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

アーカイブ