ハンターハンター連載再開!新刊33巻の発売日は?冨樫先生もう休載しないで!!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

FullSizeRender 2

スマホのことばかり書いていましたが、
マンガも大好きなcoパパです!

一番好きなマンガは何かと聞かれたら、
トップ3のひとつに「レベルE」を挙げちゃうくらい、
冨樫マンガが好きなわけですが、
何と言っても冨樫義博大先生へ申し上げたいのが、
「ハンターハンターを最後まで書いてください!」
「無理して続けないで、アレだったら終わらせちゃってください!」
ということです。

2014年の37、38号合併号以来、
長期休載が続いており、
「果たして再開するのか!?」
「冨樫先生の腰痛は治らないのか!?」
「ゲームが終わらないのか!?」
とやきもきしていたことすらも忘れかけていた頃になんと。。。

連載再開の一報が!!!!

2016年16号にて、
4月18日発売のジャンプ20号から再開する、
と発表されました!

待ちに待った連載再開ですが、
壮大、複雑怪奇、且つ、美しかった「キメラアント編」(単行本18〜30巻)
で話を終わらせてもよかったところを、

ネテロの死後、主人公ゴンの父ジンを巻き込んでの「会長選挙編」(30〜32巻)
に突入したことでパリストンという一筋縄ではいかない敵キャラを登場させ、

話をまとめるどころか、
既存の地図の外側への冒険が始まろうとしていた「暗黒大陸編」(32巻〜)
の風呂敷を広げたところで長期休載に突入していただけに、
例えファンといえども、
再開への喜びと、休載への恐怖が入り混じります。

FullSizeRender
すでに発売されている単行本は32巻まで。

32巻では会長選挙編が完結し、
最後の1話(No,340「特命」)で、
暗黒大陸への狼煙が上げられています。

連載自体はもう少し先に進んでいて、
ジンとパリストンの攻防や
暗黒大陸の描写
レオリオとクラピカの十二支ん入り?
最後の緋の目の持ち主
ゴンの念切れ?
なども描かれていました。

連載再開までに、
直前までのストーリーを復習しておきたかったのですが、
残念ながらそこは最新刊の発売を待つしかありません。

が、連載が進んでいた分、
最新刊33巻はまもなく発売されるようです!
スクリーンショット 2016-03-30 2.01.03
6月3日発売予定の作品の中に、
「HUNTER×HUNTER33巻」の名前が!!

ありがたや。。。

勧善懲悪ではないストーリーが、
冨樫マンガの最大の魅力だと感じています。

キメラアント編では、
必ずしも敵が悪とは言えなかったことで、
読者に善悪の境界線はどこにあるかを問いかけました。

会長選挙編でも、
善であるはずの集団の中での、
天使と悪魔たちの複雑な心理戦が描かれました。

32巻分をかけて、
壮大な「NO BORDER」を描いた後にやってくる、
そんな全てを超越した世界「暗黒大陸」が、
どのように描かれ、着地するのか、
本当に楽しみです!!

ハンターハンター32巻の作者コメントが、
「ピーナツが支えていればこそ」
IMG_6833
このピーナツが仙豆であればいいのに!
と願いつつ、ただただ見守ることしかできません。

どうか少しでも長く、
連載が続きますように。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046