iPhoneSEの価格が安いのはどこ?ドコモ、au、ソフトバンクの料金を比較してみる。

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

ドコモ、au、SoftBankが、
iPhoneSEの価格を発表しましたね!

前のブログでも書きましたが、
4インチ画面のコンパクト端末がよくて、
フロントカメラが120万画素でもよくて、
指紋認証が1世代前のものでもよくて、
キャリアアグリゲーション非対応のMAX150Mbpsでもよければ、
iPhoneSEは非常に魅力的な機種ということになります。

さて、いくらで手にすることができるのでしょうか??

まず基準となる、
SIMフリーのiPhoneSE/64GBの値段を再確認!
(16GBは容量が少なくて使い勝手が悪いので無視します)スクリーンショット 2016-03-23 23.08.26
税込69984円。
iPhone6Sの64GBが、
税込106704円ということを踏まえると、
改めて魅力的な価格ではありますね。

では、一番初めに価格を発表したauからチェック!
スクリーンショット 2016-03-26 0.27.48
本体価格が税込69480円。
SIMフリー版より504円安い値段設定。
毎月2220円の割引があるので、
実質負担は月675円とあります。
月675円×24か月で実質負担総額は16200円となります。

通信料も加えて計算してみます。
※「のりかえ」と「新規・機種変更」では、
「のりかえ」の方が得なので、そちらで計算します。

スーパーカケホ+ネット基本料+データ5GB=7560円。
7560円×24か月=181440円。
のりかえ割1000円×24か月=24000円割引。
これに端末下取りがあれば、
10800円〜27000円の割引が発生。
24か月で130440円〜146640円。
これに端末の実質負担額を乗せると、
146640円〜162840円ということになります。

 

ふむふむ。

次はSoftBank。
スクリーンショット 2016-03-26 0.34.29
本体価格が税込69840円。
SIMフリー版より144円安い値段設定。
毎月2235円の割引があるので、
実質負担は月675円とあります。
月675円×24か月で実質負担総額は16200円となります。
auとは若干価格設定が違いますが、
実質負担額は同じということになります。

通信料も加えて計算してみます。
※「のりかえ割」がSoftBankは12か月だけなので、
ここもauとは数字が変わってきます。

スーパーカケホ+ネット基本料+データ5GB=7560円。
7560円×24か月=181440円。
のりかえ割1393円×12か月=16716円。
これに端末下取りがあれば、
10800円〜27000円の割引が発生するため、
24か月で137724円〜153924円。
これに端末の実質負担額を乗せると、
150324円〜170124円ということになります。

最後に端末代金を発表したのはドコモ。
スクリーンショット 2016-03-26 0.32.45
本体価格が税込69984円。
SIMフリー版と同じ値段設定。
毎月2106円の割引があるので、
実質負担は月810円とあります。
月810円×24か月で実質負担総額は19440円となります。
au、SoftBankより実質負担額は高めです。

通信料も加えて計算してみます。

スーパーカケホ+ネット基本料+データ5GB=7560円。
7560円×24か月=181440円。
これに端末下取りがあれば、
200円〜20000円の割引が発生するため、
24か月で161440円〜181240円。
これに実質負担額を乗せると、
177640円〜197640円ということになります。

並べてみると、
auは146640円〜162840円。
SoftBankは150324円〜170124円。
docomoは177640円〜197640円。

まだまだこれに加えて、
割引キャンぺーンが当てはまり、
さらに安くなることも考えられますが、
docomo、SoftBankユーザーはauで買うとお得。
auユーザーはSoftBankがお得。
と言えるかもしれません。

ちなみに、
楽天モバイルの、
「5分無料オプション&データ5GBで3240円」
のプランで考えると、
3240円×24か月=77760円に、
SIMフリーiPhoneSE64GBの69984円を足すと、
147744円に。

再び比較。
auは146640円〜162840円。
SoftBankは150324円〜170124円。
docomoは177640円〜197640円。
楽天モバイルは147744円。

楽天は格安SIMという割には、
大手キャリアに近い価格になりました。

ならば今度は、
楽天モバイルのプランを、
「5分無料オプション&データ3.1GBで2646円」
に下げて計算してみると、
2646円×24か月=63504円。
63504円+69984円=133488円。

ここまで来ると、
格安SIMの安さが際立ってきますね。

数字を並べてみると、
ウン万円の差がついていることに気づきます。

さぁ、どこでiPhoneSEを買いましょうか??

僕の中ではやっぱり、
SIMフリーのiPhoneSEを買って、
格安SIMを入れるのがベストかなぁと。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

アーカイブ