三島市長(豊岡武士)が座り込みで発言が大人げない!再開発問題とは?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

なんとも大人げない市長が!
それが静岡県三島市の市長である豊岡たけし市長。

NPO法人グラウンドワーク三島という市民団体が、市が三島駅南口東街区で推進する再開発事業を中止するよう豊岡武士市長に市役所で要望したところ、出席者と豊岡市長が事業の経緯などについて言い合いになりました。

その時、市長はなんとこんな発言をしたんです!

「それでも中止をと言うなら、私を殺してからにしてください」

え。。。
市長の立場で「殺してからにしてください」なんて言うなんて!!

さらに、約1時間にわたり懇談が続き、市民の合意形成が得られていないと主張する出席者に対し、豊岡市長は
「説明会は何度も行った。中止の考えはない」などと強調し、さらにヒートアップ。

終了間際、
「大きなプロジェクトには人柱が必要だ。どうぞ殺してください」
と出席者の前で座り込んだのです。

いやぁ。
なんとも大人げない人です。

再開発の事業は20年にわたって塩漬け状態だった東街区の土地1・3ヘクタールにマンションや商業棟を整備する計画なのですが、高さが100メートルに近い高層ビルや商業施設を作ると言うことのようです。
そうなると、せっかく見えていた富士山が見えなくなったり、湧き水にも影響が出ると反対の声が上がっています。
さらに総事業費も220億円もかかるようです!
財政負担もかなり大きいですよね。

豊岡市長は終了後の取材には笑顔になっていて、
「事業に懸ける決意を示したかった」
と言っています。こんな人が市長なんて大丈夫??って思っちゃいますよね。ネットの声。
https://twitter.com/gameboyz69/status/1027697383172231168https://twitter.com/Dogenyokayo/status/1027538178050285568

豊岡市長の経歴は?

静岡県三島市出身。
三島市立東小学校、三島市立北中学校、静岡県立韮山高等学校卒業。
1966年(昭和41年)3月、日本獣医畜産大学(現・日本獣医生命科学大学)卒業。
同年4月、静岡県庁に入庁。
初代緊急防災支援室長を務めた。

1998年(平成10年)4月から11月まで三島市役所に派遣され、企画調整部長を務めた
同年12月の三島市長選挙に落選後、翌1999年(平成11年)の静岡県議会議員選挙に出馬し初当選した。
2003年(平成15年)に再選。
県議時代は自由民主党に所属。

2006年(平成18年)の三島市長選挙に落選後、2007年(平成19年)の県議選に無所属で出馬し3回目の当選を果たす。

2010年(平成22年)11月の三島市長選挙で初当選。12月20日、市長就任
2014年(平成26年)、無投票で再選。

この再開発問題は、12月に行われる市長選の争点の一つになっていますが、この方がまた当選してしまうということがあるんでしょうか。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046