台風12号東京ピーク時間は?直撃する?電車や飛行機の影響は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

【7月28日午前11時現在の最新情報】

気象庁によりますと、強い台風12号は、28日午前6時現在の推定で、八丈島の東南東およそ440キロを1時間におよそ40キロの速さで進んでいます。

中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風と推定されています。

台風は速度を上げながら28日午後に伊豆諸島に近づき、その後も強い勢力を保ったまま28日の午後に東京に近づき、深夜から29日にかけて本州に上陸するおそれがあります。

東京へ影響が出るピーク時間は28日夜から29日の朝方ということになりそうです。
予報では、東京では29日の昼には台風は過ぎ去るとのことです。
予定を組むなら29日の午後からにした方が良さそうですね!

警戒が必要な時間帯は、

28日からは、東日本の太平洋側でも非常に強い風が吹き、台風周辺に広がる発達した雨雲がかかるため、雨も強まります。

また、今は1年で最も潮位が高い時期で高潮が起きやすくなっています。
高潮にも、十分お気をつけ下さい。

台風接近の時刻は
関東甲信地方 28日午後
東海地方 28日夜〜29日未明
近畿地方 29日未明~朝
中国地方 29日朝~夕方
四国地方 29日昼前~夕方
九州北部地方 29日夕方~30日
の予想で、満潮時刻は図の通りです。

今回の台風は西寄りの異例のコースを進むと予想され、気象庁は、台風が通過したあとでも南から湿った空気が流れ込んで、大雨が続いたり波がさらに高くなったりするおそれがあるとしています。
大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、暴風や高波、高潮に警戒するよう呼びかけています。

また、隅田川花火大会実行委員会はこの日、28日に開催予定の花火大会を29日に順延すると発表。
江戸時代までルーツがさかのぼる歴史ある花火大会が延期されたのは、1978年に大会が復活して以降、97年のみ(2013年は途中で中止)。

当時も台風が理由だったが、延期が決まったのは当日朝で前日の決定は初めて。
29日に実施するかどうかは、28日の午後6時にツイッター公式アカウントで発表するとしています。

隅田川以外でも、28日に予定されていた昭和記念公園や八王子市などの花火大会は中止が発表されました。

また、スポーツでも100年記念大会の出場校を決める高校野球の西東京大会(神宮)は30日、南神奈川大会(横浜スタジアム)は29日にそれぞれ順延が決定。

28日夜に上陸が予想される関東地方を中心に順延や中止が相次いでいる。

気象庁は28日正午からの24時間雨量について多い地域で関東甲信地方で300~500ミリ、東海300~400ミリ、伊豆諸島、近畿、中国200~300ミリ、四国100~200ミリ、九州北部で100~150ミリと予想。
大雨となりますので、飛行機や電車にも影響が出そうです。
交通も乱れそうですので、早めの行動と情報収集が必要です!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046