台風12号最新進路予想図!広島や岡山や九州(福岡)の影響は?米軍予報も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

またまた台風が近づいていますね。
すでに関東の方では雨が降ってきているようですが、今回の台風12号は強い勢力を持って近づいてきているようです。

【27日23時45分現在:最新情報】

強い台風第12号は、27日21時には父島の東北東約270kmにあって、北北東へ毎時35kmで進んでいます。

中心気圧は965hPa、中心付近の最大風速は40m/sです。

この台風は、28日21時には浜松市の南南西約70kmに達する予報。
29日21時には対馬近海に達する見込みです。

30日21時には東シナ海に達するようです。

当初、関東の方に向かっているので、先日の豪雨被害にあった、広島や岡山や福岡などへは影響はないかと思っていたんですが、進路図を見ると、ぐいっと西側に向いているので、注意が必要です。

特に、日曜日(29日)の正午までの24時間に中国地方では200ミリから300ミリ、四国地方では100ミリから200ミリの雨が予想されていて、厳重な警戒が必要です。

中国地方と四国地方でいうと、
28日(土)の夜遅くからは雨や風が急激に強まり、激しい雨の降る所があるでしょう。
夜の暗い時間に天気が急に荒れ始めてきますので、28日(土)のうちに対策をとり、明るいうちに避難してください。

29日の朝には、岡山県などの中国地方にも雨が強く降りそうです。
また、豪雨の被災地では少しの雨でも災害が発生する恐れがあります。
危険な場所には絶対に近づかないでください。

28日の夜から29日にかけて注意が必要ということですね。

では、九州ではどうでしょうか?

九州では、29日の昼頃~30日朝にかけて、断続的に雨が強まり、風も強まって荒れた天気となりそうです。

先日の豪雨で甚大な被害のあった地域では、脆くなっている崖や、堤防や護岸が崩れたり、土砂や流木がたまったままの川などもあり、たとえ大雨にならなくても新たに災害が発生する危険性があります。

可能な限り早い避難を心がけてください。
また、ブルーシートなどは飛ばされないように固定しておくと良さそうです。
台風対策は「27日~28日の昼頃」までに済ませておいた方がいいでしょう!

また今回は高潮の影響も受けそうなので、満潮時間もチェックしておきましょう。
こちらは「ひるおび」で本日27日に紹介されていたものです。


ちょっと分かりにくいので補足すると、

岡山の台風接近時間は29日午前。
29日の満潮の時間は、午前0時16分、午前11時30分。

広島の台風接近時間は、29日午前。
29日の満潮の時間は、午前10時20分、午前11時7分。

福岡の台風接近時間は、30日。
30日の満潮時間は、午前10時51分、23時47分。

ということで、岡山も広島も福岡も台風接近時間と満潮時間が重なりそうなので、警戒が必要なようです。

ちなみに米軍の進路予想図がこんな感じで、28日/18Z(日本時間29日3時)には、東京に直撃という感じでしたが、どうやら予想よりも、もっと早く進むことになっているようです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046