辻一弘のプロフィール!作品や家族は?アカデミー賞でオスカー獲得!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

辻一弘さんが、第90回アカデミー賞にて、日本人初のメイク・ヘアスタイリング賞受賞し、大変な注目を集めていますね。
3度目10年ぶりのノミネートだったようです。
世界で活躍する、こんなすごい日本人がいるなんて知りませんでた。

そこで、辻さんの情報をまとめてみました。

辻 一弘(つじ かずひろ)
出身地:京都府京都市
生年月日:1969年5月25日
職業:特殊メイク・アーティスト

 

子供の頃に、『スター・ウォーズ』を見て映画に興味を持ったようです。
スター・ウォーズと言えば、特殊メイクてんこ盛りの作品ですよね。
興味を持ったのも頷けます。

高校は龍谷大学付属平安高校に進学。
そして高校時代に、書店の映画雑誌でメイクアップ・アーティストのディック・スミスさんの特殊メイクを見て、『これだ!』と思ったようです。
自分で雑誌に紹介されていたメイクを試し、メイクを学びたいと、雑誌に載っていたディックさんの住所に手紙を出しました。
すごい行動力ですよね。

すると、ディックさんから返事があり、
「独学が一番だ」
と書かれてありました。

そこから辻さんは独学で学び始めます。
映画のような特殊メイクって、独学で学べるものなんですね。

高校卒業後は、代々木アニメーション学院で講師を務めたり、邦画のメイクに携わるようになります。

そして1996年に単身渡米し、ディックさんに師事
その後、「シノベーションスタジオ」に所属して、ハリウッド映画に携わっています。

2000年には『グリンチ』で、英国アカデミー賞メイクアップ&エアー賞を受賞。

2006年公開の映画『もしも昨日が選べたら』で、第79回アカデミー賞でメイクアップ賞にノミネートされ、
翌年『マッド・ファット・ワイフ』でも第80回アカデミー賞メイクアップ賞にノミネートれています。

そして今回、2017年の映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で特殊メイクを担当し、第90回アカデミー賞でメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞
まさに3度目の正直、ですね。

〇携わった主な映画
グリンチ(2000)
PLANET OF THE APES/猿の惑星(2001)
メン・イン・ブラック2 (2002)
ザ・リング The Ring(2002)
ホーンテッドマンション(2003)
ヘルボーイ(2003)
ザ・リング2(2005)
もしも昨日が選べたら(2006)
マッド・ファット・ワイフ(2007)
チャックとラリー おかしな偽装結婚!?(2007)
魔法にかけられて(2007)
トロピック・サンダー/史上最低の作戦(2008)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008)
天使と悪魔 Angels & Demons (2009)
G.I.ジョー(2009)
ソルト Salt(2010)
LOOPER/ルーパー(2012)
ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男(2017)

2000年以降のメイクアップを担当された作品だけですが、これでも有名な作品がたくさんありますね。
見たことのある作品もいくつも。
日本人が関わっていたなんて知りませんでした。

 

〇そのほかの作品

 

〇家族は?
家族に関して調べましたが、なんの情報もありませんでした。
年齢的には結婚をされていて、お子さんがいらしても不思議ではありませんが……。

 

辻さんの経歴を見ていると、ディック・スミスさんに手紙を出したり、独学で学んだり、とても積極的に己の信じる道を進んでいるように見えますね。
だからこそ、今回のような快挙を達成できたのでしょう。
私も参考にして、こういう生き方がしたいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046