ルパンイエロー役は工藤遥!モー娘卒業し戦隊ヒロインに!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

先日、制作発表会があった「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」。
その中で、一番注目を集めたのが、ルパンイエロー/早見初美花を演じる工藤遥さんです。

工藤遥さんは昨年までモーニング娘。’17の一員として活動していました。
発売前からルパンイエローのフィギュアが、Amazonでベストセラーになるなど、今までにない人気を見せている工藤さん。
そんな工藤遥さんについて調べてみました。

名前:工藤 遥(くどう はるか)
生年月日:1999年10月27日
身長:159cm
出身地:埼玉県
血液型:A型
所属先:アップフロントプロモーション

○歴代最年少でモーニング娘。入り
10歳の時にハロプロエッグ(ハロプロの研修生)に加入した工藤さんは、「モーニング娘。9期メンバーオーディション」では、残念ながら落選しますが、2011年に行われた「モーニング娘。10期メンバー『元気印』オーディション」では、約6000人の中から合格し、モーニング娘。の一員となります。

この時に工藤さんの年齢は、なんと11歳11か月!
これは、モーニング娘。加入時の年齢としては、最年少記録です。

その後、工藤さんは、約6年間のモーニング娘。として活動された後、昨年の12月にモーニング娘。及びハロー!プロジェクトを卒業しています。

 

○工藤遥さんの卒業理由
卒業に関するインタビューで
「沢山の経験をさせてもらい、沢山の方にただの生意気な小学生をここまで育てていただきました。少しはまともな高校生になれたからこそ、『モーニング娘。という将来の夢を叶えた後は何がしたいのか?』という悩みが生まれました。
答えが出るのは早かったです。 というか、既にあったんだと思います。ここで見つけた“演技”というジャンルに挑戦すること。やるからには中途半端にはしたくないし、両立するにしても、『お芝居がやりたい』と言いながら、歌って踊る事が本業のアイドルとしてステージに立つのはメンバーにもファンの皆さんにも失礼だと思いました。
この気持ちを事務所の方や両親に伝えて、たくさん考えて、『自分のやりたい事に賭けよう』と卒業する事を決めました」
と語られています。

工藤さんはモーニング娘。の活動を通して演技の魅力に気づき、全力で「演技」にチャレンジするために卒業を決意されたようですね。

小さい頃からスーパー戦隊への憧れがあったそうで、13歳の時に事務所の先輩の真野恵里菜さんに話したら『5年後くらいにできるんじゃない?』と言われたそうです。
そしたら、ちょうど5年後に『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』でスーパー戦隊になることができました。

 

○絶対に渡せない自分だけの宝
泥棒と警察ものという作品に関連し「絶対に渡せない自分だけの宝」という質問に、工藤さんは、「この作品」と答えられています。
「デビュー作がこれでよかった。一生の宝に今後なっていくと思います」と。

また、「手に入れたい宝物」という質問に対しては、監督から「今回のルパンは『ルパン三世』とちがって不二子ちゃんがいないルパンだから」と言われたことから「色気」と答えられていました。
まだ、18歳では、不二子の色気は難しいですよね。

今回の作品に対して、工藤さんは、
「史上初のW戦隊スタイルでお届けするこの作品がいつまでも愛される作品になればいいなと、私も早見初美花として頑張っていきたい」
と意気込みを語られています。

工藤遥さんは今回の作品で、アイドル時代とはまた違った魅力を見せてくれそうです。
モーニング娘。時代からのファンの人も、この作品からファンになる人も、女優としての工藤さんを応援していきたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046