WBSC U-18ベースボールワールドカップ2017出場選手予想!スタメンは?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

9月から行われる18歳以下の世界大会「第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」
初優勝を狙うべく集められた今回のメンバーですが、清宮選手や、中村選手などのプロ注目の選手も多く、かなり期待できる編成となっています。

大会日程や放送予定についてはこちら!
→大会日程と放送日や時間をチェック!

●監督:小枝 守(元拓大紅陵高校野球部監督)
●ヘッドコーチ:大藤 敏行(元中京大中京高校野球部監督)
●コーチ:米澤 貴光(関東第一高校野球部監督)
●コーチ:東 哲平(敦賀気比高校野球部監督)

出場選手(※最初の数字は背番号)

●投手
11.清水 達也(花咲徳栄) 3年生
182cm 83kg
右投げ右打ち
最速150km/hストレートを投げる。スライダーやフォークも素晴らしい本格派の投手。
詳しくはこちらを→ プロフィール


13.川端 健斗(秀岳館) 3年生

175 cm 70kg
左投げ左打ち
秀岳館の誇るWエースの一人。一冬超えて急成長。
詳しくはこちらを→プロフィール


14.三浦 銀二(福岡大大濠) 3年生

175cm75kg
右投げ右打ち
春のセンバツでは延長15回と再試合を投げ抜き、見ている人に感動を与えました。
詳しくはこちらを→プロフィール


15.山下 輝(木更津総合) 3年生

187cm87kg
左投げ左打ち
秀岳館の川端投手らと高校ナンバー1サウスポーの座を争うMAX149km/hの大型投手。
バッティングも素晴らしいので、野手としての出場もあるかも。
詳しくはこちらを→プロフィール


16.櫻井 周斗(日大三) 3年生

178cm80kg
左投げ左打ち
スライダーが凄い。昨年秋の都大会では清宮選手から5連続三振。今年のセンバツでは、安田選手から3連続三振。バッティングも素晴らしいので、野手としての出場もあるかも。


17.磯村 峻平(中京大中京) 3年生

177cm81kg
左投げ左打ち
最速143km/hのサウスポー。


18.徳山 壮磨(大阪桐蔭) 3年生

183cm73kg
右投げ右打ち
センバツ優勝投手。大阪桐蔭にはすばらしい投手が大勢いましたが、その中でエースとして、チームを引っ張った。


19.田浦 文丸(秀岳館) 3年生

170cm 75kg
左投げ左打ち
秀岳館の誇るWエースの一人。熊本県大会では5試合投げて、失点0、打たれたヒットもわずか5本だけだった。
バッティングも素晴らしいので、野手としての出場もあるかも。

●捕手
10.中村 奨成(広陵) 3年生
181 cm78kg
右投げ右打ち
甲子園歴代最多本塁打、打点、塁打数を更新。今年の甲子園で最も評価の上がった選手。
名門・広陵で1年夏からレギュラーを務める。


22.古賀 悠斗(福岡大大濠) 3年生

174cm76kg
右投げ右打ち
高校通算52本塁打のプロ注目の強肩強打のキャッチャー。


●内野手

1.西巻 賢二(仙台育英) 3年生
168 cm73kg
右投げ右打ち
守備力の高い遊撃手。代表ではセカンドも守るかも。プロ志望。


2.鯨井 祥敬(東海大市原望洋) 3年生

172cm70kg
右投げ右打ち
昨年秋の関東大会では打率5割をマークした。
詳しくはこちらを→プロフィール


3.清宮 幸太郎(早稲田実) 3年生

184cm101kg
右投げ左打ち
史上最多タイの高校通算107本塁打。108本目は代表で。


5.安田 尚憲(履正社) 3年生

188cm95kg
右投げ左打ち
「東の清宮、西の安田」と清宮選手と並び称される強打者。プロ志望。


7.小園 海斗(報徳学園) 2年生

178cm73kg
右投げ左打ち
今年のセンバツでは打率5割を記録するなど、走攻守に秀でたプロ注目のショート。
代表ではセカンドも守るかも。


8.井上 大成(日大三) 3年生

180cm80kg
右投げ左打ち
日大三の1番バッターとして春の関東大会15打数5安打。


●外野手

9.丸山 和郁(前橋育英) 3年生
171cm72kg
左投げ左打ち
今年の甲子園では、1大会個人最多盗塁タイ記録の8盗塁をマーク。身体能力抜群の俊足外野手。投手としても、144km/hを投げる。大学進学予定。


21.伊藤 康祐(中京大中京) 3年生

172cm76kg
右投げ右打ち
俊足のリードオフマンで、中京大中京のキャプテン。センターが本職だが、セカンドも守れる。


24.増田 珠(横浜)3年生

181cm83kg
右投げ右打ち
神奈川県予選では、大会新記録となる4試合連続ホームラン&大会最多タイ記録の5ホームランを記録。ドラフト1位もありえる逸材。


28.藤原 恭大(大阪桐蔭)2年生

181 cm 80kg
左投げ左打ち
50m5秒8の俊足・一番打者。選抜の決勝ではホームラン2本を放った。
大阪桐蔭の1番バッター。

 

予想スタメン!

1 藤原/丸山 ライト
2 伊藤 センター
3 安田 サード
4 清宮 ファースト
5 中村 キャッチャー
6 櫻井 DH
7 増田 レフト
8 井上 セカンド
9 小園 ショート

 

おそらく、投手は、川端投手、三浦投手、徳山投手あたりが先発として投げることとなるのではないでしょうか。

ぜひ世界一を勝ち取ってもらいたいものですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

花粉症にはヨーグルトが良い?

アーカイブ