女たちの特捜最前線の視聴率や評判は?キャストやスポンサーも!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

関連記事
高畑淳子の今後!真田丸や舞台やCMは降板?娘のこと美への影響は?

追記→初回の平均視聴率は11・6%
瞬間最高は放送開始した20時ちょうどで13・9%と高い注目が集まり、放送後のネット上には高島を応援するコメントが相次いだようです!!

→詳しい1話の感想や評価はこちらをどうぞ!!

 

こんばんは!coちゃんママです!

高島礼子さん主演のドラマ『女たちの特装最前線』の続行が決まりましたね!
ph01
一度は高島礼子さんが降板か?!ドラマも中止か?!と言われていましたよね。
→高島礼子が女たちの特装最前線降板でドラマも中止に?

しかし、あの記者会見の印象がとても良かったのではないでしょうか?
私も見ていて、真摯に答えている姿に胸を打たれ、裏切られた高島礼子さんがとてもかわいそうで、応援したくなっちゃいました!!
m_sponichi-spngoo-20160702-0129
逆に裏切った高知東生容疑者のことは本当に腹立たしい!!

テレビ朝日の亀山慶二常務は「現時点では(放送を)予定している。撮影スケジュールは従来通り。スポンサーについては問題ないと聞いている」。降板については「そういう形は1つも考えていない」と説明したとのこと。

 

視聴率や評判は?

私が思うにはかなり注目を集めていることですし、応援の意味も込めてみんな見るんじゃないかな!

きっと視聴率も良いと思います。
結局悪いのは高知東生容疑者で、逆に高島礼子さんの株は上がっているので、ドラマのストーリーの評判はきっと良いのではないでしょうか?
ただ、警察官の役というのが、なんともタイミングが悪すぎますよね。。。
麻薬の話があったりすると特に微妙な感じですし。。。
うーん。ドラマが始まったら実際の評判も調べてみますね!

スポンサーはどこ?

今のところまだスポンサーの情報は出ていません。

きっと高知東生容疑者が逮捕された情報が入った時は、ドラマをどうするのか考えたと思いますが、会見を見て、きちんと対応した高島さんの姿と一生懸命ドラマに打ち込んでいる姿を見て、打ち切りは出来なかったでしょうね。

それを考えると、会見の仕方って本当に大切なんだな。
会見の仕方を指導する人っているんでしょうか?
こういう時、デキる事務所とダメダメな事務所とが明確になりそう!!

ドラマのキャストは?

さて、今回のキャストは、
large-1
室町京子(むろまち・きょうこ)(49)…………高島礼子(たかしま・れいこ)
京都中央警察署の総務課に勤める警察官。捜査本部の雑務全般を取り仕切る“何でも屋”で、ひとたび捜査本部の設置が決まれば、机、電話、弁当、布団、備品、車両などを手配し、不要になった資料の廃棄や部屋の清掃までこなす。嫌でも捜査情報が耳に入ってくるため、誰かに話さずにはいられなくなり、美鈴や弥生についつい極秘の捜査情報を漏らしてしまう。
性格は、明るくポジティブ。好奇心旺盛で何でも聞き耳を立てる。

一条弥生(いちじょう・やよい)(53)…………宮崎美子(みやざき・よしこ)
yjimage

京都中央警察署の広報課に勤める警察官。広報PR活動に従事し、子ども対象の交通安全教室を開催したり、毎月の署のスローガンを作ったりするのが仕事。
性格は、京子とは対照的にネガティブで慎重。“石橋を叩いて壊して渡れない女”とよばれるほど。夫は6年前に若い愛人と家を出て行方不明だが、そのことは京子以外の誰にも言っていない。今でも夫婦で暮らしているよう必死に装っている。

八坂美鈴(やさか・みすず)(57)…………高畑淳子(たかはた・あつこ)
image

京都中央警察署の食堂に勤める嘱託署員。独身。かつては京都府警の刑事だったが、親の介護のため、10年前に退職。その両親が他界し、2年前から署内の食堂で働きはじめた。“京都中央署のすべての男の胃袋を鷲掴みにしている女”を自称している。
話し方から料理の盛り付け方まで、何から何まで“大盛りの女”。京子や弥生から捜査情報を聞くや否や、先入観で事件の真相を断言し、話を大げさに盛りまくる。

加藤修一郎(かとう・しゅういちろう)(53)………… 渡辺いっけい(わたなべ・いっけい)
京都中央警察署の刑事課課長。捜査本部の指揮を執る立場だが、捜査方針を平気でコロコロ変えることから、署内では“朝令暮改の達人”とよばれている。
かなりのナルシストでもあるため、“ナルシー加藤”というあだ名もつけられている。

梅垣紀夫(うめがき・のりお)(54)………… 相島一之(あいじま・かずゆき)
京都中央警察署の広報課課長で、弥生の上司。下の人間には強く出て、上の人間には媚びへつらう、典型的なゴマスリ男。弥生への当たりも厳しく、何かにつけて自分のミスをなすりつける。

松林智之(まつばやし・ともゆき)(51)………… 飯田基祐(いいだ・きすけ)
京都中央警察署の総務課課長で、京子の上司。事無かれ主義の人物で、なぜかいつも電球を磨いているため、“デンスケ”とよばれている。京子には冷たいが、総務課の若手女性署員にはデレデレの様子。

室町大輔(むろまち・だいすけ)(53)………… 冨家規政(ふけ・のりまさ)
京子の夫。仕事に生きるタイプではなく、このところ“主夫”化が進行。毎日、手料理を京子にふるまっている。

里中徹(さとなか・とおる)(45)………… 増澤ノゾム(ますざわ・のぞむ)
京都中央警察署の中堅刑事。黙々と仕事をこなしていくタイプで、朝令暮改の加藤課長の下でも文句をいわずに捜査に励んでいる。

神崎佳奈(かんざき・かな)(26)………… 近野成美(こんの・なるみ)
京都中央警察署の若手刑事。捜査本部を振り回す加藤課長にウンザリしている。うっかり、京子に捜査情報をもらすことも…!?

杉村伶香(すぎむら・れいか)(22)…………杉浦琴乃(すぎうら・ことの)
京都中央警察署の総務課の女子署員。いわゆる天然系のお嬢様タイプで、苦労をあまり知らないし、積極的に知ろうとも思っていない。課長の松林の大のお気に入りで、本来なら伶香がするべき仕事が京子に振ってくる事もしばしば。

峰岸千晶(みねぎし・ちあき)(21)…………泉川実穂(いずみかわ・みほ)
京都中央警察署の食堂に勤める女子署員。美鈴の部下として厨房で働いている。彼女が口を開くたびに女子会メンバーはいつもジェネレーションギャップを覚えることに。

となっています。

皆さんもかなり高島さんに気を使ったでしょうが、一致団結して頑張ろう!!という雰囲気になったのではないでしょうか?
特に宮崎美子さん、高畑淳子さんは、同じ女性としても、親身になって支えてくれたのではないかと思います。
large

兎にも角にも、7月21日木曜日、20時スタートです☆
main
どんなストーリーなのかも楽しみに見たいと思います♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046