松本健吾(東海大菅生)がイケメン!小栗旬に似てる?ドラフト注目選手!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

大会7日目も終え、全てのチームが初戦を終えた今年の夏の甲子園ですが、
その中で、私が気になった投手が東海大菅生の松本健吾投手です。

決め球のスプリットを武器に、初戦・高岡商を完投勝ちしたピッチングは、春のセンバツに出場した早稲田実業や日大三高を倒して、西東京大会を勝ち上がってきたのも納得といった感じでした。

さらにネット上では、投げる姿が精悍で、凛々しくて素敵という声も多く、小栗旬に似てる!!という声上がっています!
確かにちょっと似てるかも!!
本当にイケメン!!!

今後、勝ち上がっていくにつれて、ますます人気が出てきそうですね。

 

名前:松本健吾(まつもと けんご)


生年月日:1999年4月14日
出身:東京都中野区
身長:179cm
体重:74kg
投打:右投げ右打ち
経歴:中野セネタース→東京青山リトルシニア→東海大菅生高校

 

松本投手は、小学校1年の時から「中野セネタース」で軟式野球を始め、中野区立緑野中学校では「東京青山シニア」でプレーしていました。
中学3年夏には、岡部仁投手(日大三高校)との二枚看板として、日本選手権3位入賞も達成しています。

東海大菅生に進学後は、1年時から控え投手としてベンチ入りし、2年生の秋にエースナンバーの背番号「1」を付けて、秋の都大会に挑みました。

1回戦の大成高校戦では、6回参考ながら10奪三振でノーヒットノーランも達成しています。

今回の甲子園でも背番号「1」を付けている松本投手ですが、西東京都予選ではケガの影響や、予選直前の練習試合で自滅に近いピッチングをしてしまったため、背番号「11」を付けて、登板していました。

しかし、これは監督が松本投手を奮起させ、更なる成長を促すためのことで、準々決勝の日大三戦や、決勝の早稲田実業戦など重要な試合には松本投手を先発させていました。

そして松本投手も監督の期待に応え、好投を繰り返し、甲子園出場を決めるとともに背番号「1」を取り戻しました。

○松本健吾投手が、中学時代に教えられた2つのもの
松本投手のスプリットと並ぶもうひとつの武器は、フォークボールですが、このボールは、は「東京青山リトルシニア」時代、監督の宮下昌己さんから教えられたものです。
宮下昌己さんは、中日や西武でプレーした元プロ野球選手です。
「クロマティに殴られたピッチャー」と言ったら、わかる人も多いのかもしれませんね。

松本投手が宮下さんから教えられたものはフォークボール以外にも、もう一つあり、
それは、
「努力する者は文句を言わない。怠る者は文句を言う」
という言葉です。
いい言葉ですね。
その言葉を胸に、松本投手は、着実に成長し続けてきました。

○松本投手の性格は?
マウンド上では、引き締まった表情が魅力的な松本投手ですが、実際は、チームの中ではムード―メーカー的な存在なんだとか。

チームメイトによると、
「ほうっておくと一人で延々と話し続けているし、テンションが上がると、いきなり『ウオオォォォ~!』と、ほえたりする。
特に夜がハイテンションです。一人で話しては、自分の話でゲラゲラ笑っている」

ムードメーカーというより、ちょっと変な人?
でも、そんな性格が松本投手の周りから愛されるところなのでしょうね。

東海大菅生の全国制覇のためには、松本健吾投手の活躍が不可欠です!
そのためには、松本投手には、マウンド上でもマウンド以外でもチームを盛り上げていってもらいたものですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花粉症にはヨーグルトが良い?

福岡の花火大会一覧!

☆7月・8月・9月情報まとめ☆ gatag-00007046

アーカイブ